スキャン処理では、添付されたベースラインおよびベースライン グループを基準として vSphere オブジェクトのコンプライアンス情報が生成されます。オブジェクトのコンプライアンス ステータスには、「適用可能なすべて」、「非準拠」、「互換性なし」、「不明」、および 「準拠」 があります。

タスクの結果

スキャンをスケジュール設定するか、手動でスキャンを開始します。