vSAN クラスタに含まれるホストの修正については、いくつかの特性があります。

設計上、vSAN クラスタの 1 台のホストのみをいつでもメンテナンス モードにすることができます。この理由から、ホスト修正プロセスでは、Update Manager がホストの修正を順次処理する必要があるため、完了までに膨大な時間がかかる場合があります。vSAN クラスタの一部であるホストの場合、並行して修正するオプションを選択しても、Update Manager はホストを順次修正します。

vSAN クラスタにデフォルトでシステム管理のベースラインが関連付けられている場合は、ベースラインを基準にしてクラスタを修正してすべての ESXi ホストを準拠状態にし、vSAN が推奨する最新のソフトウェアをインストールできます。

vSAN クラスタに含まれるホストを修正する方法は、ホスト上で仮想マシンを処理する方法によって異なります。

  • vSphere Web Client からホストをメンテナンス モードに移行して、Update Manager を使ってホストを修正できます。

  • Update Manager 修正プロセスでは、ホストをメンテナンス モードにしておくことができます。

vSphere Web Clientでは、vSAN クラスタのホストをメンテナンス モードに切り替えるとき、アクセシビリティの確保、全データ退避、データ退避なし、などの設定を複数のオプションから選択できます。アクセシビリティの確保オプションはデフォルトのオプションで、ホストをメンテナンス モードに切り替えると、vSAN により、このホスト上のすべてのアクセス可能な仮想マシンがアクセス可能なままにされます。各オプションの詳細については、『vSphere のストレージ』ガイドの「vSAN クラスタのメンバーをメンテナンス モードに切り替える」を参照してください。

vSAN クラスタのホストをメンテナンス モードにするとき、メンテナンス モードの警告メッセージを確認する必要があります。メッセージを確認する前に、パワーオフ状態またはサスペンド状態の仮想マシンを、クラスタ内の他のホストに移動するように選択できますが、ホスト上のパワーオン状態の仮想マシンを処理する方法に関するオプションは用意されていません。パワーオン状態の仮想マシンは、デフォルトのアクセシビリティの確保オプションと同じように自動的に処理されます。

Update Managerを使用すると、修正プロセスにより、vSAN クラスタのホストがメンテナンス モードに切り替わることがあります。この場合は、ホスト上の仮想マシンが、デフォルトのアクセシビリティの確保オプションと同じように処理されます。

ホストが vSAN クラスタのメンバーであり、さらにそのホスト上の任意の仮想マシンが「許容する障害の数 = 0」の設定の仮想マシン ストレージ ポリシーを使用している場合、そのホストがメンテナンス モードに入るときに異常な遅延が発生する可能性があります。この遅延は、vSAN データストア クラスタにおいて、vSAN が仮想マシンのデータをディスク間で移行するために発生します。遅延は数時間かかる場合があります。これは、仮想マシン ストレージ ポリシーを「許容する障害の数 = 1」に設定することで回避できます。この設定では、vSAN データストアに仮想マシン ファイルのコピーを 2 つ作成することになります。