Update Manager とリモートで連携するように Oracle データベースを構成できます。

前提条件

手順

  1. Update Manager サーバ マシンに Oracle クライアントをインストールします。
  2. Net Configuration Assistant ツールを使用して、管理対象ホストに接続するための次の項目を追加します。
    VUM =
    (DESCRIPTION =
    (ADDRESS_LIST =
    (ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=host_address)(PORT=1521))
    )
    (CONNECT_DATA =(SERVICE_NAME = VUM)
    )
    )

    この例の host_address は、クライアントが接続する必要がある管理対象ホストです。

  3. (オプション) : 必要に応じて、ORACLE_HOME\network\admin\ にある tnsnames.ora ファイルを編集します。

    この場合の ORACLE_HOMEC:\ORACLE_BASE 下にあり、Oracle ソフトウェアの実行ファイルとネットワーク ファイル用のサブディレクトリが含まれています。

  4. データベースへの ODBC 接続を作成します。

    次に設定例を示します。

    Data Source Name: VUM
    TNS Service Name: VUM
    User Id: vumAdmin