UMDS をセットアップした後は、UMDS がインストールされているマシンにアップグレード、パッチ、および通知をダウンロードできます。

手順

  1. UMDS がインストールされているマシンにログインし、コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. UMDS がインストールされているディレクトリに移動します。
    • 64 ビット Windows の場合、デフォルトの場所は C:\Program Files (x86)\VMware\Infrastructure\Update Manager です。

    • 64 ビット Linux の場合、デフォルトの場所は /usr/local/vmware-umds です。

  3. 選択したアップデートをダウンロードします。
    vmware-umds -D

    このコマンドを初めて実行したときには、設定されているダウンロード元からすべてのアップグレード、パッチ、および通知がダウンロードされます。以後は、UMDS での前回のダウンロード以降にリリースされた新しいパッチと通知がすべてダウンロードされます。

  4. (オプション) : すでにダウンロードされているアップグレード、パッチ、および通知を再びダウンロードする場合は、日時の範囲を指定してダウンロードするデータを絞り込むことができます。

    パッチや通知を再ダウンロードするコマンドを実行すると、(存在する場合)既存のデータをパッチストアから削除してから再ダウンロードが開始されます。

    たとえば、2010 年 11 月にダウンロードしたアップグレード、パッチ、および通知を再ダウンロードするには、次のコマンドを実行します。

    vmware-umds -R --start-time 2010-11-01T00:00:00 --end-time 2010-11-30T23:59:59

    指定した期間にダウンロードされた既存のデータが削除され、同じデータが再ダウンロードされます。

次のタスク

ダウンロードしたアップグレード、パッチ、および通知をエクスポートします。