Update Manager は vSphere オブジェクトをスキャンし、添付したベースラインやベースライン グループに対する準拠状態を判定します。スキャン結果は、テキスト検索、グループ選択、ベースライン選択、およびコンプライアンス状態の選択により絞り込めます。

コンテナ オブジェクトを選択すると、グループとして添付されているベースラインに対して、コンテナの全体的なコンプライアンス状態を確認できます。全体的なベースラインに対して、選択したコンテナ内にあるオブジェクトの個々のコンプライアンス状態も確認できます。コンテナ オブジェクトに添付されている個々のベースラインを選択すると、選択したベースラインに対して、コンテナのコンプライアンス状態が表示されます。

仮想マシン、アプライアンス、またはホストをそれぞれ選択すると、添付されているすべてのベースラインを基準に、選択したオブジェクト全体のコンプライアンス状態とアップデートの数が表示されます。このオブジェクトに添付されている各ベースラインを選択すると、そのベースラインのコンプライアンス状態ごとにグループ化された更新の数が表示されます。