スマート リブート機能を使用すると、起動の依存関係を維持できるように、vApp 内の仮想アプライアンスや仮想マシンが選択的に再起動されます。修正後に vApp 内の仮想アプライアンスや仮想マシンのスマート リブートを有効にするかどうかはユーザーが設定できます。

このタスクについて

スマート リブートはデフォルトで有効になっています。スマート リブートを無効にした場合、仮想アプライアンスと仮想マシンは起動の依存関係にかかわらず、それぞれの修正要件に従って再起動されます。

前提条件

必須権限:VMware vSphere Update Manager > 構成

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ビューで Update Manager アイコンを選択します。
  2. オブジェクト タブから、Update Manager インスタンスを選択します。

    また オブジェクト タブには、Update Manager インスタンスの接続先の vCenter Server システムがすべて表示されます。

  3. 管理 タブをクリックします。
  4. 設定 をクリックし、vApp の設定 をクリックします。
  5. 編集 をクリックします。

    [vApp の設定] ダイアログ ボックスが開きます。

  6. 修正後にスマート リブートを有効にする チェック ボックスを使用してスマート リブートを有効または無効にします。