Update Manager では、VMware vSphere のパッチおよびバージョンを自動的に統合管理でき、VMware ESXi ホスト、仮想マシン、仮想アプライアンスをサポートします。

Update Manager を使用して、次のタスクを実行できます。

  • ESXi ホストのアップグレードとパッチ適用。

  • ホストへのサードパーティ製ソフトウェアのインストールと更新。

  • 仮想マシン ハードウェア、VMware Tools、仮想アプライアンスのアップグレード。

Update Manager には、VMware vCenter Server とのネットワーク接続が必要です。Update Manager のインストールごとに、1 つの vCenter Server インスタンスに関連付ける(登録する)必要があります。

Update Manager モジュールは、サーバ コンポーネントとクライアント コンポーネントから構成されています。

Update Manager は、Windows で実行されている vCenter ServervCenter Server Appliance と使用できます。

Update ManagervCenter Server とともに使用する場合は、Update Manager のインストールを Windows マシン上で実行する必要があります。Update Manager サーバ コンポーネントは、vCenter Server がインストールされているのと同じ Windows サーバにインストールすることも、別のマシンにインストールすることもできます。Update Manager をインストールするには、Update Manager のインストール先コンピュータの Windows 管理者認証情報が必要です。

すでに vCenter Server システムがあり、共通の vCenter Single Sign-On ドメインによって vCenter Server システムが相互に接続されていて、各 vCenter Server に対して Update Manager を使用する場合は、必要な数の Update Manager インスタンスをインストールして、vCenter Server システムに登録する必要があります。Update Manager インスタンスは、登録先の vCenter Server システムとのみ使用することができます。

vCenter Server Appliance の場合は、Update Manager がオプション サービスとして提供されます。Update ManagervCenter Server Appliance にバンドルされています。

vSphere 6.5 では、Windows マシンに Update Manager サーバをインストールする際に Update ManagervCenter Server Appliance に登録されなくなりました。

Update Manager クライアント コンポーネントは、vSphere Web Client 上で実行されるプラグインです。Update Manager サーバ コンポーネントが Windows にインストールされるか、vCenter Server Appliance がデプロイされると、Update Manager クライアント コンポーネントが自動的に有効になります。

Update Manager はインターネットにアクセスしないセキュアなネットワークにデプロイできます。その場合は、VMware vSphere Update Manager Download Service (UMDS) を使用して、メタデータのアップデートをダウンロードしてバイナリを更新することができます。