Update Manager 6.5 システムには、64 ビットの DSN が必要です。この要件は、サポートされているすべてのデータベースに適用されます。

手順

  1. Windows の [スタート] メニューで、コントロール パネル > 管理ツール > データソース (ODBC) を選択します。
  2. システム DSN を作成します。

    Microsoft SQL データベースを使用している場合は、SQL Native Client バージョン 10 または 11 を使用してシステム DSN を作成します。

  3. 接続をテストします。

タスクの結果

これでシステムが Update Manager と互換性のある DSN を持つようになります。Update Manager のインストーラで DSN の入力を求めるプロンプトが表示されたら、64 ビットの DSN を選択します。