Update Manager は、オブジェクトをスキャンして、添付されているベースラインやベースライン グループに対するコンプライアンス状態を判定します。単一の仮想マシン、仮想アプライアンス、テンプレート、または ESXi ホストと、仮想マシン、アプライアンス、またはホストのグループについて結果を調べることによって、コンプライアンス状態を確認できます。

仮想マシン、アプライアンス、または ESXi ホストのサポートされているグループには、フォルダ、vApp、クラスタ、およびデータ センターなどの仮想インフラストラクチャのコンテナ オブジェクトが含まれます。

注:

パッチのリコール通知のダウンロード後、Update Manager でリコール対象のパッチにフラグが設定されますが、それらのパッチのコンプライアンス状態は、自動的には更新されません。リコールの影響を受けたパッチの最新のコンプライアンス状態を表示するには、スキャンを実行する必要があります。