OVA デプロイが完了すると、移行プロセスのステージ 2 にリダイレクトされます。ここでは、ソース vCenter Server のデータを転送して、新しくデプロイされた、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance 6.5 のサービスを開始します。

このタスクについて

ターゲット アプライアンスの設定を開始すると、ダウンタイム期間が開始されます。このプロセスは、ソース デプロイのシャットダウンによって完了されるまでキャンセルまたは中断することはできません。ターゲット アプライアンスが起動すると、ダウンタイム期間は終了します。

手順

  1. 移行プロセスのステージ 2 の概要を確認し、次へ をクリックします。
  2. [ソースの vCenter Server の選択] ページで、ソースの vCenter Server の vCenter Single Sign-On 管理者パスワードおよび root パスワードを入力し、vCenter Server インスタンスの管理者権限を持つユーザーのパスワードを入力して、次へ をクリックします。
  3. (オプション) : 警告メッセージが表示される場合は、はい をクリックして受け入れます。
  4. ソース Windows マシンが Active Directory ドメインに接続されている場合は、ターゲット マシンを Active Directory ドメインに追加する権限を持った管理者ドメイン ユーザーの認証情報を入力し、次へ をクリックします。
    注:

    入力した認証情報はインストーラによって検証されますが、移行先のマシンを Active Directory ドメインに追加するうえで必要な権限まではチェックされません。Active Directory ドメインにマシンを追加するために必要なすべての権限をユーザーの認証情報が満たしていることを確認してください。

  5. [VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP)] ページを参照し、プログラムへの参加を希望するかどうかを選択します。

    CEIP の詳細については、『vCenter Server およびホストの管理』の「カスタマ エクスペリエンス改善プログラムの設定」セクションを参照してください。

  6. [設定の確認] ページで、移行の設定を確認し、バックアップの確認事項に同意して、終了 をクリックします。
  7. OK をクリックし、ソースの vCenter Server をシャットダウンします。
  8. データ転送とセットアップ プロセスが終了するまで待機し、OK をクリックして vCenter Server の [はじめに] ページに移動します。

タスクの結果

ソースの vCenter Server インスタンスが Windows からアプライアンスに移行されます。ソースの vCenter Server インスタンスはパワーオフされ、新しいターゲットアプライアンスが起動します。

次のタスク

アプライアンスへの移行が正常に完了したことを確認します。確認の手順については、vCenter Server Appliance のアップグレードまたは移行結果の確認を参照してください。移行後の手順については、vCenter Server のアップグレードまたは移行後を参照してください。