Windows 上で vCenter ServervCenter Single Sign-On、または Platform Services Controller をアプライアンスに移行するとき、インストーラは事前チェックを行い、移行が行われる仮想マシンまたは物理サーバに使用可能な容量が十分にあること、外部データベースがある場合は、そのデータベースに正常にアクセスできることなどを検証します。

ソース環境のチェック

vCenter Single Sign-On(バージョン 5.5)または Platform Services Controller(バージョン 6.0)を移行する場合、vCenter Single Sign-On は、Platform Services Controller の一部として含まれています。vCenter Single Sign-On サービスに関する情報を指定すると、インストーラは、管理者アカウントを使用してホスト名とパスワードを確認し、指定された vCenter Single Sign-On サーバの詳細情報で認証されることを確認してから、移行プロセスを続行します。

Pre-Migration Checker は、ソース環境で次の状況を確認します。

  • 移行がサポートされていることを確認する vCenter ServerPlatform Services Controller、または vCenter Single Sign-On バージョン

  • SSL 証明書の妥当性と、システム名との互換性

  • ネットワーク接続

  • DNS 解決

  • 使用されている内部ポートと外部ポート

  • 外部データベースとの接続

  • Windows マシン上の管理者権限

  • 構成データのエクスポートに必要なディスク容量

  • NTP サーバ検証

  • 入力するすべての認証情報

ターゲット環境のチェック

Pre-Migration Checker は、ターゲット環境で次の状態を確認します。

  • プロセッサの最小要件

  • メモリ最小要件

  • ディスク容量最小要件

  • ターゲット ホストの管理者権限

  • 入力するすべての認証情報