vCenter Server アップグレード ウィザードには、アップグレード情報の入力を求めるメッセージが表示されます。製品の再インストールが必要になる場合に備えて、ここで入力した値を記録しておくことをお勧めします。

重要:

vSphere は vCenter Server 5.5 以降から vCenter Server 6.5 へのアップグレードをサポートしています。vCenter Server 5.0 または 5.1 からアップグレードするには、まず vCenter Server インスタンスをバージョン 5.5 Update 2 にアップグレードし、次に vCenter Server 6.5 にアップグレードします。vCenter Server 5.0 または 5.1 からバージョン 5.5 へのアップグレードの詳細については、VMware vSphere 5.5 のドキュメントを参照してください。

このワークシートを使用して、将来 vCenter Server for Windows のアップグレード時に必要となる情報を記録できます。

以下のテーブルにデフォルト値が表示されるのは、ソース vCenter Server インスタンスのインストール時にデフォルト値を残した場合のみです。

表 1. vCenter Server for Windowsのアップグレードに必要な情報。

必要な情報

デフォルト値

入力内容

vCenter Single Sign-On 管理者ユーザー名

administrator@vsphere.local

重要:

ユーザーは、administrator@your_domain_name である必要があります。

インストール時にデフォルトのユーザー名を変更することはできません。

vCenter Single Sign-On 管理者パスワード

vCenter Server と同じ認証情報を使用する設定を有効または無効

デフォルトで有効

vCenter Server のユーザー名

administrator@vsphere.local

重要:

ユーザーは、administrator@your_domain_name である必要があります。

vCenter Server のパスワード

Syslog サービス ポート

514

Syslog サービス TLS ポート

1514

Auto Deploy 管理ポート

6502

Auto Deploy サービス ポート

6501

ESXi Dump Collector ポート

6500

ターゲット ディレクトリ

フォルダ パスには、非 ASCII 文字(コンマ (,)、ピリオド (.)、感嘆符 (!)、ナンバー記号 (#)、アット記号 (@)、パーセント記号 (%))のいずれも含めることはできません。

vCenter Server のインストール ディレクトリ

C:\Program Files\VMware

vCenter Server のデータの保存先ディレクトリ

C:\ProgramData\VMware

5.x のデータのエクスポート先ディレクトリ

C:\ProgramData\VMware\VMware\vCenterServer\export

VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP) に参加する、または参加しない。

CEIP の詳細については、『vCenter Server およびホストの管理』の「カスタマ エクスペリエンス改善プログラムの設定」セクションを参照してください。

CEIP に参加する