USB フラッシュ ドライブをフォーマットして、ESXi インストールまたはアップグレードを起動できます。

このタスクについて

この手順の説明では、USB フラッシュ ドライブが /dev/sdb として検出されることを前提としています。

注:

インストール スクリプトが含まれている ks.cfg ファイルを、インストールまたはアップグレードの起動に使用している同じ USB フラッシュ ドライブ上に置くことはできません。

前提条件

  • Linux マシンとこれに対するスーパーユーザー アクセス

  • Linux マシンが検出することのできる USB フラッシュ ドライブ

  • isolinux.cfg ファイルを含む ESXi ISO イメージの「VMware-VMvisor-Installer-バージョン番号-build_number.x86_64.iso

  • Syslinux パッケージ

手順

  1. USB フラッシュ ドライブが /dev/sdb として検出されない場合、または USB フラッシュ ドライブの検出方法が不明な場合は、検出方法を指定してください。
    1. コマンド ラインで、現在のログ メッセージを表示するコマンドを実行します。
      tail -f /var/log/messages
    2. USB フラッシュ ドライブを接続します。

      次のメッセージに似た形式で、USB フラッシュ ドライブを特定するいくつかのメッセージが表示されます。

      Oct 25 13:25:23 ubuntu kernel: [ 712.447080] sd 3:0:0:0: [sdb] Attached SCSI removable disk

      この例では、sdb によって USB ドライブが識別されます。デバイスが異なるものとして識別された場合は、sdb の代わりにその識別を使用します。

  2. USB フラッシュ デバイスにパーティション テーブルを作成します。
    /sbin/fdisk /dev/sdb
    1. d と入力して、すべてのパーティションが削除されるまで、パーティションを削除します。
    2. n と入力して、ディスク全体を占めるプライマリ パーティション 1 を作成します。
    3. t と入力して、FAT32 ファイル システムに適した設定にタイプを設定します(c など)。
    4. a と入力して、パーティション 1 にアクティブ フラグを設定します。
    5. p と入力して、パーティション テーブルを出力します。

      結果は次のようになります。

      Disk /dev/sdb: 2004 MB, 2004877312 bytes 255 heads, 63 sectors/track, 243 cylinders Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes Device Boot Start End Blocks Id System /dev/sdb1 1 243 1951866 c W95 FAT32 (LBA)
      
    6. w と入力して、パーティション テーブルを書き込み、プログラムを終了します。
  3. USB フラッシュ ドライブを Fat32 ファイル システムを指定してフォーマットします。
    /sbin/mkfs.vfat -F 32 -n USB /dev/sdb1
  4. USB フラッシュ ドライブに Syslinux ブートローダーをインストールします。

    Syslinux 実行ファイルと mbr.bin ファイルの場所は、Syslinux バージョンによって異なる可能性があります。例えば、Syslinux 6.02 をダウンロードした場合、次のコマンドを実行します。

    /usr/bin/syslinux /dev/sdb1
    cat /usr/lib/syslinux/mbr/mbr.bin > /dev/sdb
  5. ターゲット ディレクトリを作成し、USB フラッシュ ドライブをこれにマウントします。
    mkdir /usbdisk
    mount /dev/sdb1 /usbdisk
  6. ターゲット ディレクトリを作成し、ESXi インストーラ ISO イメージをこれにマウントします。
    mkdir /esxi_cdrom
    mount -o loop VMware-VMvisor-Installer-6.x.x-XXXXXX.x86_64.iso /esxi_cdrom
  7. ISO イメージの内容を USB フラッシュ ドライブにコピーします。
    cp -r /esxi_cdrom/* /usbdisk
  8. ファイル名 isolinux.cfgsyslinux.cfg に変更します。
    mv /usbdisk/isolinux.cfg /usbdisk/syslinux.cfg
  9. /usbdisk/syslinux.cfg ファイルで、APPEND -c boot.cfg の行を APPEND -c boot.cfg -p 1 に編集します。
  10. USB フラッシュ ドライブをアンマウントします。
    umount /usbdisk
  11. インストーラ ISO イメージをアンマウントします。
    umount /esxi_cdrom

タスクの結果

これで、USB フラッシュ ドライブにより ESXi インストーラを起動することができます。