GUI アップグレード ウィザードでは、アップグレードを行う vCenter Server Appliance 5.5、vCenter Server Appliance 6.0、または Platform Services Controller Appliance 6.0 の情報、新しい 6.5 アプライアンスのデプロイ情報、以前のアプライアンスから新しいアプライアンスに転送するデータのタイプなどの入力が求められます。入力した値は、記録しておくことをお勧めします。

このワークシートを使用して、vCenter Single Sign-On が組み込まれた vCenter Server Appliance 5.5、外部の vCenter Single Sign-On を使用する vCenter Server Appliance 5.5、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance 6.0、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance 6.0、または Platform Services Controller アプライアンス 6.0 のアップグレードに必要な情報を記録します。

表 1. アップグレードのステージ 1 で必要な情報

アップグレード対象

必要な情報

デフォルト

入力内容

すべてのデプロイ タイプ

アップグレードするソース アプライアンスの完全修飾ドメイン名 (FQDN) または IP アドレス

-

ソース アプライアンスの HTTPS ポート

443

ソース アプライアンスの vCenter Single Sign-On 管理ユーザー名

重要:

ユーザー名は、administrator@your_domain_name の形式にする必要があります。

administrator@vsphere.local

vCenter Single Sign-On 管理者ユーザーのパスワード

-

ソース アプライアンスの root ユーザーのパスワード

-

すべてのデプロイ タイプ

アップグレードするアプライアンスが配置されているソース サーバの FQDN または IP アドレス

ESXi ホストまたは vCenter Server インスタンスのいずれかを、ソース サーバにすることができます。

注:

アップグレードする vCenter Server Appliance をターゲット サーバにすることはできません。このような場合は、ソースの ESXi ホストを使用します。

-

ソース サーバの HTTPS ポート

443

ソース サーバの管理権限を持つユーザー名

  • ソース サーバが ESXi ホストの場合は、root を使用します。

  • ソース サーバが vCenter Server インスタンスの場合、user_name@your_domain_name の形式(例:administrator@vsphere.local)を使用します。

-

ソース サーバの管理権限を持つユーザーのパスワード

-

すべてのデプロイ タイプ

新しいアプライアンスをデプロイするターゲット サーバの完全修飾ドメイン名 (FQDN) または IP アドレス。

ターゲット サーバは、ESXi ホストまたは vCenter Server インスタンスのいずれかにすることができます。

注:

アップグレードする vCenter Server Appliance をターゲット サーバにすることはできません。このような場合は、ESXi ホストをターゲット サーバに指定します。

-

ターゲット サーバの HTTPS ポート

443

ターゲット サーバの管理権限を持つユーザー名

  • ターゲット サーバが ESXi ホストの場合は、root を使用します。

  • ターゲット サーバが vCenter Server インスタンスの場合、user_name@your_domain_name の形式(例:administrator@vsphere.local)を使用します。

-

ターゲット サーバの管理権限を持つユーザーのパスワード

-

すべてのデプロイ タイプ

ターゲット サーバが vCenter Server インスタンスの場合のみ

新しいアプライアンスをデプロイする vCenter Server インベントリのデータセンター

オプションで、データセンターのフォルダを指定することができます。

-

新しいアプライアンスをデプロイするデータセンターのインベントリ内の ESXi ホストまたは DRS クラスタ

-

すべてのデプロイ タイプ

新しいアプライアンスの仮想マシン名

  • パーセント記号 (%)、バックスラッシュ (\)、スラッシュ (/) を含まないこと

  • 80 文字以内であること

VMware vCenter Server Appliance

すべてのデプロイ タイプ

アプライアンスのオペレーティング システムの root ユーザーのパスワード

  • スペース以外の小文字の ASCII 文字のみを含むこと。

  • 8 文字以上 20 文字以下であること。

  • 少なくとも 1 つの大文字を含んでいること。

  • 少なくとも 1 つの小文字を含んでいること。

  • 少なくとも 1 つの数字を含んでいること。

  • 少なくとも 1 つの特殊文字(ドル記号 ($)、ハッシュ キー (#)、アット記号 (@)、ピリオド (.)、感嘆符 (!) など)を含んでいること。

-

  • vCenter Single Sign-On が組み込まれた vCenter Server Appliance 5.5

  • 外部の vCenter Single Sign-On を使用する vCenter Server Appliance 5.5

  • Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance 6.0

  • 外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance 6.0

vSphere 環境の新しい vCenter Server Appliance のデプロイ サイズ

  • 極小

    2 個の CPU と 10 GB のメモリが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

    10 台以下のホストまたは 100 台以下の仮想マシンの環境に適しています。

  • 4 個の CPU と 16 GB のメモリが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

    100 台以下のホストまたは 1,000 台以下の仮想マシンの環境に適しています。

  • 8 個の CPU と 24 GB のメモリが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

    400 台以下のホストまたは 4,000 台以下の仮想マシンの環境に適しています。

  • 16 個の CPU と 32 GB のメモリが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

    1,000 台以下のホストまたは 10,000 台以下の仮想マシンの環境に適しています。

  • 特大

    24 個の CPU と 48 GB のメモリが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

    2,000 台以下のホストまたは 35,000 台以下の仮想マシンの環境に適しています。

極小

  • vCenter Single Sign-On が組み込まれた vCenter Server Appliance 5.5

  • 外部の vCenter Single Sign-On を使用する vCenter Server Appliance 5.5

  • Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance 6.0

  • 外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance 6.0

vSphere 環境の新しい vCenter Server Appliance のストレージ サイズ

注:

アップグレードするアプライアンスのデータベース サイズと、新しいアプライアンスに転送するデータの種類を考慮してください。外部データベースの場合は、新しいアプライアンスの Oracle データベース サイズとストレージ サイズの特定を参照してください。

  • デフォルト

    デプロイ サイズが極小の場合、ストレージが 250 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが小の場合、ストレージが 290 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが中の場合、ストレージが 425 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが大の場合、ストレージが 640 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが特大の場合、ストレージが 980 GB のアプライアンスをデプロイします。

  • デプロイ サイズが極小の場合、ストレージが 775 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが小の場合、ストレージが 820 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが中の場合、ストレージが 925 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが大の場合、ストレージが 990 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが特大の場合、ストレージが 1030 GB のアプライアンスをデプロイします。

  • 特大

    デプロイ サイズが極小の場合、ストレージが 1650 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが小の場合、ストレージが 1700 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが中の場合、ストレージが 1805 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが大の場合、ストレージが 1870 GB のアプライアンスをデプロイします。

    デプロイ サイズが特大の場合、ストレージが 1910 GB のアプライアンスをデプロイします。

デフォルト

すべてのデプロイ タイプ

新しいアプライアンスの構成ファイルおよび仮想ディスクを格納するデータストアの名前

注:

インストーラに、ターゲット サーバからアクセス可能なデータストアのリストが表示されます。

-

シン ディスク モードを有効または無効にする

無効

すべてのデプロイ タイプ

新しいアプライアンスを接続するネットワーク名

注:

インストーラのドロップダウン メニューに、ターゲット サーバのネットワーク設定に依存するネットワークが表示されます。ESXi ホストにアプライアンスを直接デプロイする場合は、短期のポートバインド以外の設定をしている分散仮想ポート グループはサポートされません。このため、このグループはドロップダウン メニューに表示されません。

ネットワークは、アップグレードするアプライアンスが存在するソース サーバからアクセスできる必要があります。

デプロイを実行したクライアント マシンからネットワークにアクセスできる必要があります。

-

アプライアンスの一時 IP アドレスのバージョン

IPv4 または IPv6 のどちらかを選択します。

IPv4

アプライアンスの一時 IP アドレスの割り当て

固定または DHCP のどちらかを選択します。

固定

すべてのデプロイ タイプ

一時 IP アドレスの固定割り当てを使用する場合のみ

一時システム名(FQDN または IP アドレス)

システム名は、ローカル システムの管理に使用されます。システム名は FQDN で指定する必要があります。DNS サーバを使用できない場合は、固定 IP アドレスを指定します。

-

一時 IP アドレス

-

IPv4 バージョンの場合、ドットで区切る 10 進法としてのサブネット マスクか、0 から 32 までの整数値としてのネットワーク プリフィックス

IPv6 バージョンの場合、0 から 128 までの整数値としてのネットワーク プリフィックス

-

デフォルト ゲートウェイ

-

DNS サーバ(カンマ区切り形式)

-

すべてのデプロイ タイプ

一時 IP アドレスに IPv4 バージョンと DHCP 割り当てを使用し、DDNS サーバが使用可能な場合のみ。

一時システム名 (FQDN)

-

表 2. アップグレードのステージ 2 で必要な情報

目的

必要な情報

デフォルト

入力内容

vCenter Single Sign-On が組み込まれた vCenter Server Appliance 5.5

vCenter Single Sign-On サイト名

-

  • vCenter Single Sign-On が組み込まれた、または外部で使用する vCenter Server Appliance 5.5

  • Platform Services Controller が組み込まれた、または外部で使用する vCenter Server Appliance 6.0

古いアプライアンスから新しいアプライアンスへ転送するデータ タイプ

構成データに加えて、イベント、タスク、およびパフォーマンス メトリックを転送できます。

注:

新しいアプライアンスのアップグレード時間とストレージ要件を最小限に抑えるために、構成データのみを転送するように選択します。

-

  • vCenter Single Sign-On が組み込まれた vCenter Server Appliance 5.5

  • Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance 6.0

  • Platform Services Controller 6.0 アプライアンス

VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP) に参加する、または参加しない。

CEIP の詳細については、『vCenter Server およびホストの管理』の「カスタマ エクスペリエンス改善プログラムの設定」セクションを参照してください。

CEIP に参加する