vSphere Auto Deploy では、複数の再プロビジョニング オプションがサポートされます。単純な再起動や、異なるイメージ プロファイルまたは異なるホスト プロファイルを使用した再プロビジョニングを実行できます。

vSphere Auto Deploy を使用して最初に起動するときには、環境を設定し、ルール セットにルールを追加する必要があります。『vSphere のインストールとセットアップ』 の 「vSphere Auto Deploy の準備」 のトピックを参照してください。

次の再プロビジョニング操作が可能です。

  • 単純な再起動。

  • 起動操作中にユーザーが質問に対して行った回答の対象となるホストの再起動。

  • 異なるイメージ プロファイルを使用した再プロビジョニング。

  • 異なるホスト プロファイルを使用した再プロビジョニング。