最初の起動時に vCenter Server Appliance が応答を停止した場合は、インストール ログ ファイルを収集、確認して、エラーの原因を特定できます。

手順

  1. アプライアンス シェルにアクセスします。

    オプション

    説明

    アプライアンスに直接アクセスできる場合

    Alt+F1 を押します。

    リモート接続する場合

    SSH などのリモート コンソール接続を使用して、アプライアンスへのセッションを開始します。

  2. アプライアンスで認識されるユーザー名とパスワードを入力します。
  3. アプライアンス シェルで、pi shell コマンドを実行して、Bash シェルにアクセスします。
  4. Bash シェルで、vc-support.sh スクリプトを実行して、サポート バンドルを生成します。

    このコマンドにより、/var/tmp.tgz ファイルが生成されます。

  5. 生成されたサポート バンドルを user@x.x.x.x:/tmp フォルダにエクスポートします。
    scp /var/tmp/vc-etco-vm-vlan11-dhcp-63-151.eng.vmware.com-2014-02-28--21.11.tgz user@x.x.x.x:/tmp
  6. どの firstboot スクリプトが失敗したかを判別します。
    cat /var/log/firstboot/firstbootStatus.json

次のタスク

問題を発生させる可能性のある原因を特定するには、失敗した firstboot スクリプトのログ ファイルを調べます。