ホストの許容レベルを、インストールする VIB またはイメージ プロファイルの許容レベルと一致するように変更することができます。ホスト上のすべての VIB の許容レベルが、ホストの許容レベル以上である必要があります。

このタスクについて

ここに記載されている手順を使用して、ホストの許容レベル、およびインストールする VIB またはイメージ プロファイルの許容レベルを確認し、必要に応じてホストの許容レベルを変更します。

--server=server_name を使用して接続先サーバを指定すると、サーバはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照するか、vCLI コマンド プロンプトで esxcli --help を実行します。

前提条件

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

手順

  1. VIB またはイメージ プロファイルの許容レベルを取得します。

    オプション

    説明

    すべての VIB に関する情報をリストします。

    esxcli --server=server_name software sources vib list --depot=depot_URL

    指定した VIB に関する情報をリストします。

    esxcli --server=server_name software sources vib list --viburl=vib_URL

    すべてのイメージ プロファイルに関する情報をリストします。

    esxcli --server=server_name software sources profile list --depot=depot_URL

    指定したイメージ プロファイルに関する情報をリストします。

    esxcli --server=server_name software sources profile get --depot=depot_URL --profile=profile_name

  2. ホストの許容レベルを取得します。

    esxcli --server=server_name software acceptance get

  3. (オプション) : VIB の許容レベルがホストの許容レベルよりも厳格な場合は、ホストの許容レベルを変更します。

    esxcli --server=server_name software acceptance set --level=acceptance_level

    acceptance_level には、VMwareCertifiedVMwareAcceptedPartnerSupported、または CommunitySupported を指定できます。acceptance_level の値では、大文字と小文字が区別されます。

    注:

    esxcli software vib または esxcli software profile コマンドの --force オプションを使用すると、許容レベルがホストより低い VIB またはイメージ プロファイルを追加することができます。その場合、警告が表示されます。設定の整合性がなくなったため、ホスト上で VIB のインストール、VIB の削除、およびその他の特定の操作を実行すると、警告が繰り返し表示されます。