vSphere Auto Deploy 用に設定されている物理ホストを起動する場合、vSphere Auto Deploy は、PXE ブートのインフラストラクチャを vSphere のホスト プロファイルと組み合わせて使用して、そのホストのプロビジョニングとカスタマイズを行います。ホスト自体に状態は保存されません。代わりに、vSphere Auto Deploy サーバが各ホストの状態情報を管理します。

ESXi ホストの状態情報

vSphere Auto Deploy は、さまざまな場所でプロビジョニングされる ESXi ホストの情報を保存します。イメージ プロファイルおよびホスト プロファイルの場所に関する情報は、マシンをイメージ プロファイルおよびホスト プロファイルにマッピングするルールに最初に指定されます。

表 1. vSphere Auto Deploy がデプロイ用に保存する情報

情報のタイプ

説明

情報ソース

イメージの状態

ESXi ホスト上で実行される実行可能ソフトウェア。

vSphere ESXi Image Builder で作成されたイメージ プロファイル。

構成の状態

ホストの構成方法を決める構成設定(仮想スイッチとその設定、ドライバ設定、起動パラメータなど)。

ホスト プロファイルのユーザー インターフェイスを使用して作成されたホスト プロファイル。通常はテンプレート ホストから取得されます。

動的な状態

生成されたプライベート キーまたはランタイム データベースなどの、実行中のソフトウェアによって生成されるランタイムの状態。

ホストのメモリ、再起動中に失われます。

仮想マシンの状態

ホストに追加された仮想マシンと、仮想マシンの自動起動の情報(2 回目以降の起動のみ)。

vCenter Server では、vSphere Auto Deploy に送信する仮想マシンの情報を提供できるようにしておく必要があります。

ユーザー入力

システムの起動時にユーザーが入力する IP アドレスなどの、ホスト プロファイルに自動的に含めることができない、ユーザー入力に基づいた状態。

最初の起動時に vCenter Server によって保存されるホストのカスタマイズ情報。

一部の値については、ユーザー入力を求めるホスト プロファイルを作成できます。

vSphere Auto Deploy により、ユーザー入力情報を必要とするホスト プロファイルが適用されると、ホストはメンテナンス モードになります。ホスト プロファイル ユーザー インターフェイスを使用してホスト プロファイルのコンプライアンスを確認し、プロンプトに応答してホストをカスタマイズします。

vSphere Auto Deploy のアーキテクチャ

vSphere Auto Deploy のインフラストラクチャは、いくつかのコンポーネントで構成されています。

詳細については、ビデオ「Auto Deploy のアーキテクチャ」を参照してください。

図 1. vSphere Auto Deploy のアーキテクチャ


VIB およびイメージ プロファイル、ルール エンジン、および Auto Deploy サーバが Auto Deploy の主なコンポーネントです。


vSphere Auto Deploy サーバ

イメージ プロファイルとホスト プロファイルを ESXi ホストに提供します。

vSphere Auto Deploy ルール エンジン

提供されるホストと提供するイメージ プロファイルおよびホスト プロファイルとの関係を示す情報を、vSphere Auto Deploy サーバに送信します。システム管理者は、vSphere Auto Deploy を使用して、ホストにイメージ プロファイルとホスト プロファイルを割り当てるルールを定義します。

イメージ プロファイル

ESXi ホストの起動に使用する一連の VIB を定義します。

  • VMware および VMware パートナーは、イメージ プロファイルおよび VIB をパブリックなデポに用意しています。vSphere ESXi Image Builder を使用してデポの内容を確認し、vSphere Auto Deploy ルール エンジンを使用してイメージ プロファイルとその割り当て先のホストの関係を指定します。

  • VMware カスタマは、デポにあるパブリックなイメージ プロファイルおよび VIB に基づいて、カスタムのイメージ プロファイルを作成し、そのイメージ プロファイルをホストに適用することができます。

ホスト プロファイル

ネットワークやストレージの設定などの、マシンに固有の構成を定義します。ホスト プロファイル ユーザー インターフェイスを使用して、ホスト プロファイルを作成します。リファレンス ホストにホスト プロファイルを作成し、一貫した構成のために、そのホスト プロファイルを環境内のほかのホストに適用することができます。

ホストのカスタマイズ

ホストにホスト プロファイルが適用されるときにユーザーが提供する情報を格納します。ホストのカスタマイズには、ユーザーがそのホストに提供した IP アドレスまたはその他の情報が含まれる場合があります。ホストのカスタマイズの詳細については、『vSphere のホスト プロファイル』ドキュメントを参照してください。

以前のリリースの vSphere Auto Deploy では、ホストのカスタマイズは応答ファイルと呼ばれていました。