インストールおよびアップグレードの事前チェック スクリプトでは、インストール、アップグレード、または移行の失敗につながる可能性のあるホスト マシン上の問題を特定するためのテストが実行されます。

対話型のインストール、アップグレード、および移行では、エラーまたは警告がインストーラの最後のパネルに表示され、インストールまたはアップグレードを続けるか取り消すかを尋ねるメッセージが表示されます。スクリプトを使用したインストール、アップグレード、または移行の場合は、エラーや警告がインストール ログ ファイルに書き込まれます。

vSphere Update Manager には、これらのエラーや警告用のカスタム メッセージが用意されています。Update Manager によるホストのアップグレード スキャン中に事前チェック スクリプトによって返された元のエラーおよび警告を確認するには、Update Manager のログ ファイル (vmware-vum-server-log4cpp.log) を参照してください。

表 1. インストールおよびアップグレードの事前チェック スクリプトで返されるエラーコードおよび警告コード

エラーまたは警告

説明

64BIT_LONGMODESTATUS

ホスト プロセッサは 64 ビットである必要があります。

COS_NETWORKING

警告。有効なサービス コンソールの仮想 NIC で IPv4 アドレスが見つかりましたが、vmkernel の同じサブネット内に対応するアドレスがありません。警告は、そのような問題が検出されるたびに表示されます。

CPU_CORES

ホストには少なくとも 2 つのコアが必要です。

DISTRIBUTED_VIRTUAL_SWITCH

ホストで Cisco Virtual Ethernet Module (VEM) が検出された場合は、このテストにより、アップグレードに VEM ソフトウェアも含まれているかどうかチェックされます。またこのテストにより、そのアップグレードで、ホスト上の既存のバージョンと同じバージョンの Cisco Virtual Supervisor Module (VSM) がサポートされるかどうかも判別されます。ソフトウェアが欠落しているか、別のバージョンの VSM と互換性がある場合は、テストにより警告が返されます。結果には、アップグレード ISO で必要な VEM ソフトウェアのバージョンと、検出されたバージョン(検出された場合)が示されます。適切なバージョンの VEM ソフトウェアを含むカスタム インストール ISO を作成するには、ESXi Image Builder CLI を使用できます。

HARDWARE_VIRTUALIZATION

警告。ホストのプロセッサにハードウェア仮想化機能がないか、ハードウェア仮想化がホストの BIOS でオンになっていないと、ホストのパフォーマンスに影響します。ホスト マシンの起動オプションで、ハードウェアの仮想化を有効にします。ハードウェア ベンダーのマニュアルを参照してください。

MD5_ROOT_PASSWORD

このテストでは、root パスワードが MD5 形式でエンコードされているかどうかがチェックされます。パスワードが MD5 形式でエンコードされていない場合、重要と見なされるのは 8 文字までです。その場合、アップグレード後に最初の 8 文字以外は認証されず、セキュリティの問題が発生する可能性があります。この問題を回避するには、当社のナレッジ ベースの記事 1024500 を参照してください。

MEMORY_SIZE

ホストをアップグレードするには、指定された量のメモリが必要です。

PACKAGE_COMPLIANCE

vSphere Update Manager のみです。このテストでは、ホストが正常にアップグレードされたことを確認するため、ホスト上の既存のソフトウェアが、アップグレード ISO に含まれるソフトウェアと同じかどうかがチェックされます。欠落しているパッケージがある、またはアップグレード ISO のパッケージより古いバージョンのパッケージである場合、テストではエラーが返され、ホストで見つかったソフトウェアと、 アップグレード ISO で見つかったソフトウェアが示されます。

PARTITION_LAYOUT

ソフトウェアをアップグレードまたは移行することができるのは、アップグレード対象のディスク上に最大で 1 つの VMFS パーティションが存在し、その VMFS パーティションがセクタ 1843200 以降から開始する場合のみです。

POWERPATH

このテストでは、CIM モジュールとカーネル モジュールで構成される EMC PowerPath ソフトウェアがインストールされているかどうかがチェックされます。ホストでこれらのコンポーネントのどちらかが検出された場合、テストでは、CIM、vmkernel、およびモジュールなどの対応するコンポーネントがアップグレードにも存在するかどうかがチェックされます。存在しない場合には、テストによって警告が返され、どの PowerPath コンポーネントがアップグレード ISO 上に必要であり、どのコンポーネントが見つかったか(見つかった場合)が示されます。

PRECHECK_INITIALIZE

このテストでは、事前チェック スクリプトを実行できるかどうかがチェックされます。

SANE_ESX_CONF

/etc/vmware/esx.conf ファイルがホスト上に存在する必要があります。

SPACE_AVAIL_ISO

vSphere Update Manager のみです。ホスト ディスクには、インストーラ CD または DVD の内容を格納するのに十分な空き容量が必要です。

SPACE_AVAIL_CONFIG

vSphere Update Manager のみです。ホスト ディスクには、再起動の間、レガシーの構成を格納するのに十分な空き容量が必要です。

SUPPORTED_ESX_VERSION

ESXi 6.5 には、バージョン 5.5 または 6.0 の ESXi ホストからのみアップグレードまたは移行できます。

TBOOT_REQUIRED

このメッセージは、vSphere Update Manager のアップグレードにのみ適用されます。ホスト システムがトラステッド ブート モード (tboot) で実行されていても、ESXi アップグレード ISO に tboot VIB が含まれていない場合は、このエラーでアップグレードに失敗します。このテストは、ホストのセキュリティ レベルの低下を招くアップグレードを阻止します。

UNSUPPORTED_DEVICES

警告。このテストでは、サポートされていないデバイスがチェックされます。一部の PCI デバイスは、ESXi 6.5 ではサポートされません。

UPDATE_PENDING

このテストでは、再起動を必要とする VIB がホストにインストールされているかどうかがチェックされます。そのような VIB が 1 つ以上インストールされているとテストは失敗しますが、ホストの再起動はまだ実行されません。このような場合、事前チェック スクリプトでは、ホストにどのパッケージがインストールされているかを確実に判定できないため、残りの事前チェック テストを信頼してアップグレードが安全かどうかを判断するのは危険である可能性があります。

このエラーが表示された場合は、ホストを再起動してアップグレードを再試行してください。