ライブ インストールでインストール可能な VIB の場合、ホストの再起動は不要ですが、ホストをメンテナンス モードにすることが必要な場合があります。その他の VIB およびプロファイルの場合は、インストールまたは更新後にホストの再起動が必要な場合があります。

このタスクについて

--server=server_name を使用して接続先サーバを指定すると、サーバはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照するか、vCLI コマンド プロンプトで esxcli --help を実行します。

前提条件

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

手順

  1. VIB またはイメージ プロファイルをインストールする場合に、ホストをメンテナンス モードにする必要があるか、またインストールまたは更新後にホストを再起動する必要があるかを確認します。

    次のいずれかのコマンドを実行します。

    オプション

    説明

    VIB の確認

    esxcli --server=server_name software sources vib get -v absolute_path_to_vib

    デポ内の VIB の確認

    esxcli --server=server_name software sources vib get --depot=depot_name

    デポ内のイメージ プロファイルの確認

    esxcli --server=server_name software sources profile get --depot=depot_name

  2. 戻り値を確認します。

    VIB メタデータから読み取られる戻り値は、VIB またはイメージ プロファイルをインストールする前にホストがメンテナンス モードになっている必要があるかどうか、および VIB またはプロファイルのインストールでホストを再起動する必要があるかどうかを示します。

    注:

    vSphere Update Manager は、esxupdate/esxcli スキャン結果に基づいて、メンテナンス モードが必要かどうかを判断します。VIB のライブ システムへのインストール後、Live-Install-Allowed の値が false に設定されている場合、Update Manager は、そのインストール結果に従ってホストを再起動します。VIB のライブ システムからの削除後、Live-Remove-Allowed の値が false に設定されている場合、Update Manager は、その削除結果に従ってホストを再起動します。いずれの場合でも、再起動時、Update Manager はホストを自動的にメンテナンス モードにします。

次のタスク

必要に応じ、ホストをメンテナンス モードにします。ホストをメンテナンス モードに切り替えるを参照してください。ホストの再起動が必要で、そのホストが VMware HA クラスタに属している場合は、インストールまたは更新の前にホストをクラスタから削除するか、クラスタで HA を無効にします。