移行コマンドの実行パラメータを設定するには、コマンドに 1 つ以上の引数を使用します。

CLI アップグレード コマンドに、複数の引数をスペース区切りで追加できます。

vcsa-deploy migrate list_of_arguments path_to_the_json_file

必須の template 引数には、vCenter Server Appliance デプロイ手順を記述する JSON ファイルのパスを指定します。

重要:

パスワードなどの文字列値には、ASCII 文字のみを含めることができます。拡張 ASCII および非 ASCII 文字はサポートされません。

バックスラッシュ (\) または引用符 (") を含む値を設定するには、バックスラッシュ (\) でその文字をエスケープする必要があります。たとえば、"password":"my\"password" とするとパスワードに my"password が設定され、"image":"C:\\vmware\\vcsa" とするとパスに C:\vmware\vcsa が設定されます。

ブール値は小文字のみ許容されます。値は truefalse のいずれかになります。たとえば、"ssh.enable":false です。

オプションの引数

説明

--accept-eula

エンドユーザー使用許諾契約書に同意します。

デプロイ コマンドを実行するには、この引数が必要です。

-h, --help

コマンドのヘルプ メッセージを表示します。

--template-help

JSON デプロイ ファイルの構成パラメータに関するヘルプ メッセージを表示します。vcsa-deploy [subcommand] --help を使用すると、サブコマンド専用の引数を表示できます。

-v, --verbose

コンソール出力にデバッグ情報を追加します。

-t, --terse

コンソール出力を非表示にします。 警告およびエラー メッセージのみ表示します。

--log-dir, LOG_DIR

インストーラが生成するログなどの出力ファイルの場所を設定します。

--skip-ovftool-verification

JSON ファイルの構成パラメータの基本的な検証を実行し、アプライアンスをデプロイします。OVF ツール のパラメータ検証は実行しません。

--no-esx-ssl-verify

ESXi 接続の SSL 検証はスキップします。

重要:

このオプションは使用しないでください。検証されない値がアプライアンスに渡されるため、デプロイ中またはデプロイ後に問題が発生する可能性があります。

deployment-target-ssl-thumbprint TARGET_THUMBPRINT

ESXi または vCenter Server のデプロイ ターゲットを検証するために OVF Tool に渡すサムプリントを設定します。

--verify-only

JSON ファイルの構成パラメータの基本的な検証と OVF Tool パラメータの検証を実行します。アプライアンスはデプロイされません。

--verify-template-only

Upgrade Runner のインストール、事前チェックの実行、vCenter Server Appliance のアップグレードを行わずに、基本的なテンプレートの検証を実行します。

--precheck-only

ソースの vCenter Server 仮想マシン インスタンスに移行アシスタントをインストールして、移行を実行せずに事前チェックをすべて実行します。

--acknowledge-ceip

VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP) へ参加を承諾します。この引数は、アップグレード テンプレートで ceip.enabled が true に設定されている場合に必要です。

終了コード

説明

0

コマンドの実行は正常に完了

1

ランタイム エラー

2

検証エラー

3

テンプレート エラー