Windows からアプライアンス内の組み込み PostgreSQL データベースに Oracle データベースを移行する前に、必要な認証情報があることと、クリーンアップなどの必要な準備を完了していることを確認します。

前提条件

Oracle データベースの移行準備を行う前に、基本的な相互運用性を確認します。

データベースをバックアップしたことを確認します。vCenter Server データベースのバックアップの詳細については、Oracle のドキュメントを参照してください。

手順

  1. パスワードが最新であり、十分な有効期限が設定されていることを確認します。
  2. vCenter Server データベースで使用するログイン認証情報、データベース名、およびデータベース サーバ名があることを確認します。

    ODBC システムを検索して、vCenter Server データベースのデータベース ソース名の接続名を探します。

  3. SID の代わりに Oracle SERVICE_NAME を使用して、Oracle データベース インスタンスが使用可能であることを確認します。
    • 次のアラート ログから読み取りを行うデータベース サーバにログインします。$ORACLE_BASE/diag/rdbms/$instance_name/$INSTANCE_NAME/trace/alert_$ INSTANCE_NAME.log

    • Oracle リスナーのステータス出力から読み取りを行うデータベース サーバにログインします。

    • SQL*Plus クライアントがインストールされている場合、vCenter データベース インスタンスに tnsping を使用できます。tnsping コマンドが最初に機能しない場合、数分待機した後に再試行します。再試行がうまくいかない場合、Oracle サーバ上の vCenter Database インスタンスを再起動し、tnsping を再試行して使用可能であることを確認します。

  4. JDBC ドライバ ファイルが CLASSPATH 変数に組み込まれていることを確認します。
  5. アクセス許可が正しく設定されていることを確認します。
  6. ユーザーに DBA ロールを割り当てるか、必要なアクセス許可を付与します。
  7. vCenter Server 5.5 の場合、クリーンアップ スクリプトを実行します。
    1. ISO イメージで cleanup_orphaned_data_Oracle.sql スクリプトを検索し、これを Oracle サーバにコピーします。
    2. vCenter Server データベース アカウントで SQL*Plus セッションにログインします。
    3. クリーンアップ スクリプトを実行します。

      @path/cleanup_orphaned_data_Oracle.sql

    クリーンアップ プロセスにより、どの vCenter Server コンポーネントでも使用されていない、実体のない不要なデータがパージされます。

  8. vCenter Server データベースのフル バックアップを作成します。

タスクの結果

データベースの vCenter Server Appliance への vCenter Server 移行の準備が完了しました。