複数の vCenter Server インスタンスを含んだ環境をアップグレードまたは移行するときは、アップグレードまたは移行の順序が重要となります。

最初にアップグレードまたは移行するのは、外部でデプロイされている vCenter Single Sign-On 5.5 インスタンスまたは Platform Services Controller 6.0 インスタンスです。vCenter Single Sign-On 5.5 インスタンスまたは Platform Services Controller 6.0 インスタンスのアップグレード プロセスまたは移行プロセスを実行している間、バージョン 5.5 またはバージョン 6.0 の vCenter Server インスタンスは一時的に放置します。

  • vCenter Single Sign-On 5.5 インスタンスまたは Platform Services Controller 6.0 インスタンスは、段階的にアップグレードまたは移行する必要があります。

  • Windows 上の vCenter Single Sign-On 5.5(または Platform Services Controller 6.0 インスタンス)と vCenter Server Appliance インスタンスを含んだ混在プラットフォーム環境では、まず Windows 上の vCenter Single Sign-On 5.5(または Platform Services Controller 6.0)インスタンスをすべてアップグレードまたは移行した後で、vCenter Server Appliance インスタンスをアップグレードします。

  • vCenter Single Sign-On 5.5(または Platform Services Controller 6.0 アプライアンス)と Windows 上の vCenter Server インスタンスを含んだ混在プラットフォーム環境では、まず vCenter Single Sign-On 5.5(または Platform Services Controller 6.0)アプライアンスをすべてアップグレードした後で、Windows 上の vCenter Server インスタンスをアップグレードまたは移行します。

  • vCenter Single Sign-On 5.5(または Platform Services Controller 6.0)インスタンスをアップグレードまたは移行した後、vCenter Server インスタンスをアップグレードすることができます。同じ Platform Services Controller を参照する vCenter Server インスタンスは、同時にアップグレードまたは移行することができます。

外部でデプロイされた vCenter Single Sign-On 5.5(または Platform Services Controller 6.0)インスタンスを外部でデプロイされた Platform Services Controller 6.5インスタンスにアップグレードしたとき、そのコンポーネントを使用していたレガシー vCenter Server インスタンスは影響を受けません。レガシー vCenter Server インスタンスは、アップグレード前と同様、アップグレードされた Platform Services Controller と連携し続け、問題が発生したり、再構成が必要になったりすることはありません。レガシー vCenter Server インスタンスは引き続きレガシー vSphere Web Client から見えますが、レガシー vSphere Web Client からは vCenter Server 6.5 インスタンスが見えません。

Windows 上の vCenter Server 環境からアプライアンス環境に移行するときの動作は、Windows 上における vCenter Server のアップグレードの場合と変わりません。

バージョン混在の移行動作は、vCenter Single Sign-On インスタンスが Windows 環境の vCenter Server 5.5 にデプロイされている場合と、vCenter Server Appliance 環境にデプロイされている場合とで同じです。

図 1. 5.5 と 6.5 のバージョンが混在する移行環境


Platform Services Controller 6.5 インスタンス、vCenter Server 5.5 インスタンス、vCenter Server 6.5 インスタンスを含んだ vCenter Server デプロイ環境


重要:

バージョン混在環境は、本番環境ではサポートされません。vCenter Server のバージョンを移行する時以外は、そのような環境を使用しないでください。

外部の vCenter Single Sign-On 5.5 をアップグレードする場合、および他の vCenter Server インスタンスをバージョン 5.5 にしたままで少なくとも 1 つの vCenter Server インスタンスをバージョン 6.5 にアップグレードする場合は、次のような結果になります。

  • リンク モードが機能しなくなります。

  • vCenter Server 5.5 インスタンスは、アップグレード前と同様、アップグレードされた Platform Services Controller と連携し続け、問題が発生したり、再構成が必要になったりすることはありません。

  • バージョン 5.5 と 6.5 が混在する環境の場合、vSphere Web Client 6.5 インスタンスには、vCenter Server 5.5 インスタンスが表示されます。

  • vSphere Web Client 5.5 には、vCenter Server インスタンスのみが表示され、6.5 インスタンスは表示されません。

外部の vCenter Single Sign-On 5.5 インスタンスを外部の Platform Services Controller 6.5 インスタンスにアップグレードし、さらにすべての vCenter Server 5.5 インスタンスをバージョン 6.5 にアップグレードした場合、vCenter Server インスタンスはどれも影響を受けません。それらのインスタンスは、アップグレード前と同様に、Platform Services Controller と連携し続け、問題が発生したり、アクションが必要になったりすることはありません。

vCenter Server 6.0 環境を vCenter Server 6.5 環境にアップグレードまたは移行する場合も移行の順序と動作は同じです。vCenter Server 6.0 インスタンスは、アップグレード前または移行前と同様に、Platform Services Controller 6.5 インスタンスと連携し続け、問題が発生したり、アクションが必要になったりすることはありません。

バージョンが混在する環境で移行後に必要とされるアクションは、レガシー vSphere Web Client インスタンスを再起動することのみです(まだアップグレードも移行もされていない vCenter Server インスタンスを表示する目的でそれらを使用する場合)。

図 2. 移行開始前の vSphere 5.5 環境の例


2 つの外部 vCenter Single Sign-On 5.5 インスタンスと 3 つの vCenter Server 5.5 インスタンスを含んだ vCenter Server の外部デプロイ環境


図 3. 移行開始前の vSphere 6.0 環境の例


2 つの外部 Platform Services Controller 6.0 インスタンスと 3 つの vCenter Server 6.0 インスタンスを含んだ vCenter Server の外部デプロイ環境


たとえば、3 つの vCenter Server インスタンスおよび 2 つの外部 vCenter Single Sign-On インスタンスを使用するデプロイでは、1 つのインスタンスずつバージョン 6.5 にアップグレードする必要があります。

図 4. vSphere 5.5 環境の移行例(第 1 段階)


1 つの外部 vCenter Single Sign-On 5.5 インスタンス、1 つの外部 Platform Services Controller 6.5 インスタンス、3 つの vCenter Server 5.5 インスタンスを含んだ vCenter Server の外部デプロイ環境


図 5. vSphere 6.0 環境の移行例(第 1 段階)


1 つの外部 Platform Services Controller 6.0 インスタンス、1 つの外部 Platform Services Controller 6.5 インスタンス、3 つの vCenter Server 6.0 インスタンスを含んだ vCenter Server の外部デプロイ環境


1 つ目の外部 vCenter Single Sign-On インスタンスまたは Platform Services Controller インスタンスを最新バージョンの外部 Platform Services Controller にアップグレードまたは移行しても、バージョン 5.5 インスタンスのリンク モードが機能しなくなる以外は、レガシー vCenter Server インスタンスに影響はありません。

図 6. vSphere 5.5 環境の移行例(第 2 段階)


2 つの外部 Platform Services Controller 6.5 インスタンスと 3 つの vCenter Server 5.5 インスタンスを含んだ vCenter Server の外部デプロイ環境


図 7. vSphere 6.0 環境の移行例(第 2 段階)


2 つの外部 Platform Services Controller 6.5 インスタンスと 3 つの vCenter Server 6.0 インスタンスを含んだ vCenter Server の外部デプロイ環境


2 つ目の外部 vCenter Single Sign-On インスタンスまたは Platform Services Controller インスタンスを最新バージョンにアップグレードまたは移行しても、レガシー vCenter Server インスタンスの動作に影響はありません。

図 8. vSphere 5.5 環境の移行例(第 3 段階)


2 つの外部 Platform Services Controller 6.5 インスタンス、1 つの vCenter Server 6.5 インスタンス、2 つの vCenter Server 5.5 インスタンスを含んだ vCenter Server デプロイ環境


図 9. vSphere 6.0 環境の移行例(第 3 段階)


2 つの Platform Services Controller 6.5 インスタンス、1 つの vCenter Server 6.5 インスタンス、2 つの vCenter 6.0 インスタンスを含んだ vCenter Server 外部デプロイ環境


最初の vCenter Server インスタンスを 6.5 にアップグレードした後、vCenter Server インスタンス間の接続に変更が発生します。

  • 残り 2 つあるレガシー vSphere Web Client インスタンスは、新しくアップグレードされた vCenter Server 6.5 インスタンスが Platform Services Controller インスタンスに参加した後は、新しくアップグレードされたそのインスタンスを表示できなくなります。

  • レガシー vSphere Web Client インスタンスは引き続き、レガシー vCenter Server インスタンスを再起動後に表示することができます。

  • 新たにアップグレードされた vCenter Server 6.5 インスタンスの構成要素である vSphere Web Client 6.5 インスタンスからは、レガシー vCenter Server インスタンスと 6.5 インスタンスとを表示することができます。

図 10. vSphere 5.5 環境の移行例(第 4 段階)


2 つの Platform Services Controller 6.5 インスタンス、2 つの vCenter Server 6.5 インスタンス、1 つの vCenter Server 5.5 インスタンスを含んだ vCenter Server 外部デプロイ環境


図 11. vSphere 5.5 環境の移行例(第 4 段階)


2 つの Platform Services Controller 6.5 インスタンス、2 つの vCenter Server 6.5 インスタンス、1 つの vCenter Server 6.0 インスタンスを含んだ vCenter Server 外部デプロイ環境


2 つ目の vCenter Server インスタンスを 6.5 にアップグレードした後、vCenter Server インスタンス間の接続にさらに変更が発生します。

  • リンク モード機能は、新しくアップグレードされた vCenter Server 6.5 インスタンスが Platform Services Controller に参加した後に、それらのインスタンス間で拡張リンク モード機能に置き換えられます。

  • 残っているレガシー vSphere Web Client インスタンスからは、vCenter Server 6.5 インスタンスを表示できなくなります。

  • レガシー vSphere Web Client インスタンスは引き続き、レガシー vCenter Server インスタンスを再起動後に表示することができます。

  • 新たにアップグレードされた vCenter Server 6.5 インスタンスの構成要素である vSphere Web Client 6.5 インスタンスからは、レガシー vCenter Server インスタンスと 6.5 インスタンスとを表示することができます。

図 12. アップグレードが完了した vSphere 5.5 デプロイ環境の例(第 5 段階後)


2 つの外部 Platform Services Controller 6.5 インスタンスと 3 つの vCenter Server 6.5 インスタンスを含んだ vCenter Server の外部デプロイ環境


図 13. アップグレードが完了した vSphere 6.0 デプロイ環境の例(第 5 段階後)


2 つの Platform Services Controller 6.5 インスタンスと 3 つの vCenter Server 6.5 インスタンスを含んだ vCenter Server の外部デプロイ環境


3 つ目と最後の vCenter Server インスタンスを 6.5 にアップグレードした後、すべての vCenter Server インスタンスが vCenter Server 6.5 の全機能に接続されます。

  • レガシー全 vCenter Server インスタンス間のリンク モード機能は、Platform Services Controller 6.5 インスタンスへの参加後、拡張リンク モード機能に置き換えられます。

  • vSphere Web Client 6.5 インスタンスは、すべての vCenter Server 6.5 インスタンスを表示できます。