vCenter Server をアップグレードする場合は、システムが最小ストレージ要件を満たしている必要があります。

各フォルダのストレージ要件は、マシンにデプロイされる vCenter Server サービス、アップグレードのデプロイ モデル、および vSphere インベントリのサイズによって異なります。インストーラは、アップグレード中にストレージ要件を動的に計算し、マシンに十分なディスク空き容量があることを確認してから、アップグレードの処理を進めます。

vCenter ServerPlatform Services Controller のインストール時に、デフォルトの C:\Program Files\VMware フォルダ以外のフォルダを選択できます。データの保存に、デフォルトの C:\ProgramData\VMware\vCenterServer\ 以外のフォルダを選択することもできます。次の表は、各デプロイ モデルに必要な最小ディスク容量を示したものです。各要件は、インストールされる vCenter Server サービスと vSphere のインベントリ サイズによって異なります。

表 1. デプロイ モデル別の vCenter Server の最小ストレージ要件

デフォルトのフォルダ

Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server

外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server

外部の Platform Services Controller

Program Files

6 GB

6 GB

1 GB

ProgramData

8 GB

8 GB

2 GB

システム フォルダ(MSI インストーラをキャッシュ)

3 GB

3 GB

1 GB