自動的に 1 回のみまたは指定間隔で反復実行する、操作のスケジュール設定されたタスクを作成できます。

vSphere Web Client でスケジュール設定するタスクが使用できない場合は、vSphere API を使用します。vSphere SDK の 『Programming Guide』 を参照してください。

注意:

同じオブジェクトで複数のタスクを同時に設定しないでください。期待どおりの結果を得ることができなくなります。

前提条件

必要な権限:[タスクのスケジュール設定] > [タスクの作成]

手順

  1. vSphere Web Client で、タスクをスケジュール設定するオブジェクトに移動します。
  2. [モニタ] を選択し、[タスクおよびイベント] を選択します。
  3. 左側のリストから、[スケジュール設定タスク] を選択します。
  4. [新規タスクのスケジュール] ドロップダウン メニューから、スケジュール設定するタスクを選択します。

    タスク名の末尾に「スケジュール設定済み」が付加された状態でウィザードが開きます。ウィザードの [スケジュール オプション] ページでタスクのスケジュール オプションを構成します。たとえば、仮想マシンのスナップショット作成をスケジュール設定するときは、仮想マシン スナップショットの作成ウィザード (スケジュール設定済み) が開きます。[スケジュール オプション] では、タスクのスケジュール オプションを構成し、[設定の編集] では、スナップショットのプロパティを入力します。

  5. [スケジュール オプション] ページで、タスクに必要な設定を構成します。
    1. タスクの名前と説明を入力します。
    2. タスクのスケジュール設定を構成するには、[構成されたスケジューラ] の横にある[変更] をクリックします。
      表 1. スケジューラ オプション

      オプション

      説明

      [このアクションを今すぐ実行する]

      スケジュール設定されたタスクをすぐに実行します。

      [起動後、このアクションを実行する]

      タスクを一定時間 (分) の経過後に実行します。

      [このアクションをあとで実行するようスケジュール設定する]

      指定する日付と時間にスケジュール設定されたタスクを実行します。

      [このアクションの繰り返し実行をスケジュール設定する]

      スケジュール設定されたタスクを繰り返し実行します。

      [時間単位]

      1. タスクを実行するまでの時間を時間単位で入力します。

      2. タスクを実行するまでの時間を分単位で入力します。

      たとえば、5 時間おきに、30 分になった時点でタスクを開始する場合、5 時間と 30 分を入力します。

      [日単位]

      1. タスクを実行するまでの日数を入力します。

      2. タスクの開始時間を入力します。

      たとえば、タスクを 4 日おきに午後 2:30 に実行する場合は、42:30 を入力します。

      [週単位]

      1. タスクを実行するまでの週数を入力します。

      2. タスクを実行する曜日を入力します。

      3. タスクの開始時間を入力します。

      たとえば、毎週火曜日と木曜日の午前 6:00 にタスクを実行する場合、[1] 週と [6 am] を入力し、[火曜日][木曜日] を選択します。

      [月単位]

      1. タスクの開始時間を入力します。

      2. 次のいずれかの方法で日を選択します。

        • タスクを実行するまでの月数と、日付を入力します。例えば、5 か月おきの 10 日と指定します。

        • [第 1 週][第 2 週][第 3 週][第 4 週]、または[最終週] を選択し、タスクを実行するまでの月数と曜日を選択します。

          [最終週] は、その曜日のある月の最終週にタスクを実行します。たとえば、その月の最終月曜日を選択すると、その月が日曜日で終わる場合は、タスクはその月の最終日の 6 日前に実行されます。

    3. E メール通知を設定し、[OK] をクリックします。