接続された各 Orchestrator サーバのインベントリで利用可能なワークフローを表示できます。ワークフロー カテゴリを参照して特定のタイプのワークフローを検索できます。

前提条件

Orchestrator サーバの少なくとも 1 台が、vCenter ServervSphere Web Client の両方がポイントしている同じ Single Sign-On インスタンスと動作するように構成してあることを確認してください。Orchestrator が vCenter Server のエクステンションとして登録されていることも確認する必要があります。vCenter Server のエクステンションを管理するために必要な権限を持つユーザー アカウントを指定するときに Orchestrator を vCenter Server のエクステンションとして登録します。詳細については、『VMware vRealize Orchestrator のインストールと構成』を参照してください。

手順

  1. オブジェクト ナビゲータで、vRealize Orchestrator をクリックします。
  2. vRO サーバ をクリックします。

    使用可能な vRealize Orchestrator サーバのリストが表示されます。

  3. vRealize Orchestrator サーバをダブルクリックします。
  4. カテゴリ をクリックします。
  5. ライブラリ をダブルクリックします。
    注:

    ライブラリ は、デフォルトのメイン ワークフロー カテゴリです。Orchestrator サーバには、カスタム ワークフロー カテゴリを追加できます。

  6. カテゴリ をクリックします。

    利用可能なワークフロー カテゴリのリストが表示されます。

  7. ワークフロー カテゴリをダブルクリックして、利用可能なワークフローとそのサブカテゴリを参照します。