vSphere Web Client の Orchestrator ビューを使用することで、ワークフローの実行やスケジュール設定、利用可能なワークフローの一覧表示などの管理タスクを実行できます。

vSphere Web Client の Orchestrator ビューでは、次のタスクを実行できます。

  • デフォルトの Orchestrator サーバの選択。

  • ワークフローの操作。ワークフローの操作には、次のようなタスクがあります。

    • 仮想マシン、ESXi ホスト、クラスタ、リソース プール、フォルダなどの特定の vSphere インベントリ オブジェクトにワークフローを関連付ける。

    • バックアップのため、または別の vSphere Web Client インスタンスにインポートするために、ワークフローと vSphere インベントリ オブジェクトとの既存の関連付けをエクスポートしてインポートする。

    • 仮想マシン、ESXi ホスト、クラスタ、リソース プール、フォルダなどの vSphere インベントリ オブジェクトとワークフローとの関連付けを編集する。

    • ワークフローの実行に関する情報やユーザーの介入待ちのワークフローに関する情報を表示する。

    • vSphere オブジェクトでワークフローを実行またはスケジュール設定する。

特定の vSphere インベントリ オブジェクトでワークフローを実行するには、デフォルトの Orchestrator サーバを選択する必要があります。管理したい vSphere インベントリ オブジェクトにデフォルトの Orchestrator サーバのワークフローを関連付けます。