電源管理のワークフローでは、仮想マシンのパワーオンまたはパワーオフ、仮想マシンのゲスト OS の再起動、仮想マシンのサスペンドなどを行うことができます。

仮想マシンのパワーオフと待機

仮想マシンをパワーオフし、プロセスの完了を待機します。

ゲスト OS の再起動

仮想マシンのゲスト OS を再起動します。読み取り専用仮想マシンのリセットは行いません。VMware Tools が実行されている必要があります。

仮想マシンのリセットと待機

仮想マシンをリセットし、プロセスの完了を待機します。

仮想マシンのレジュームと待機

サスペンドされた仮想マシンをレジュームし、プロセスの完了を待機します。

ゲスト OS のスタンバイ モードへの設定

ゲスト OS をスタンバイ モードに設定します。VMware Tools が実行されている必要があります。

仮想マシンのシャットダウンと削除

仮想マシンをシャットダウンし、インベントリおよびディスクから削除します。

ゲスト OS のシャットダウンと待機

ゲスト OS をシャットダウンし、プロセスの完了を待機します。

仮想マシンの起動と待機

仮想マシンを起動し、VMware Tools の起動を待機します。

仮想マシンのサスペンドと待機

仮想マシンをサスペンドし、プロセスの完了を待機します。