ワークフローと vSphere インベントリのオブジェクトの関連付けが含まれた XML ファイルをインポートできます。

前提条件

  • Orchestrator サーバの少なくとも 1 台が、vCenter ServervSphere Web Client の両方がポイントしている同じ Single Sign-On インスタンスと動作するように構成してあることを確認してください。Orchestrator が vCenter Server のエクステンションとして登録されていることも確認する必要があります。vCenter Server のエクステンションを管理するために必要な権限を持つユーザー アカウントを指定するときに Orchestrator を vCenter Server のエクステンションとして登録します。詳細については、『VMware vRealize Orchestrator のインストールと構成』を参照してください。

  • デフォルトの Orchestrator サーバを設定するには、システム管理者グループのメンバーとしてログインしてください。

手順

  1. オブジェクト ナビゲータで、vRealize Orchestrator をクリックします。
  2. 管理 タブをクリックします。
  3. コンテキスト操作 サブタブをクリックします。
  4. インポート アイコン 関連付けワークフローを挿入するための [インポート] ボタン をクリックします。
  5. インポートする XML ファイルを参照して選択し、開く をクリックします。

タスクの結果

Orchestrator は 2 つの関連付けられたワークフロー セットを比較し、失われたワークフローの関連付けをインポートします。