特定期間の製品のライセンス使用量に関するレポートをエクスポートすることができます。レポートは CSV ファイルでエクスポートされるので、後でサード パーティ製アプリケーションで開くことができます。

このタスクについて

重要:

ライセンス サービスの改ざん検出機能は、ライセンス使用量情報を保護します。ライセンス サービス データベースのライセンス データが編集されていると、ライセンス使用量レポートはエクスポートできません。

前提条件

  • ライセンス使用量レポートをエクスポートするには、vSphere Web Client が実行されている vCenter Server システムに対するグローバル > ライセンス権限を持っている必要があります。

手順

  1. vSphere Web Client で、管理を選択し、ライセンス の下の レポート を選択します。
  2. ライセンス使用量レポートをエクスポート をクリックします。

    ライセンス使用量レポートをエクスポート ウィンドウが表示されます。

  3. 期間 ドロップダウン メニューから、ライセンス使用量レポートの事前構成済みまたはカスタムの期間を選択します。
  4. CSV レポートを生成 をクリックします。

    この操作は数秒で完了します。

  5. 保存 をクリックします。
  6. ファイルを保存する場所を参照し、保存 をクリックします。

タスクの結果

選択した期間の製品のライセンス使用量が CSV ファイルでエクスポートされます。CSV ファイルは .zip ファイルに格納されて、指定した場所に保存されます。

エクスポートされたレポートには、選択した期間の製品のライセンス使用量に関する生データが含まれます。エクスポートされた CSV ファイルの行には、選択した期間にライセンス サービスによって毎日収集されたライセンス使用量スナップショットが含まれています。サードパーティ製のツールを使用して、CSV レポートを開き、そのデータを分析できます。

ライセンス使用量スナップショットには、割り当てられたライセンス、関連付けられている製品、ライセンスの有効期限、ライセンス単位(コスト単位)、キャパシティ、使用量、資産 ID などに関するデータが含まれています。永続的ライセンスの場合、有効期限は含まれません。vCloud Suite は CPU 単位でライセンス供与されるため、vCloud Suite 製品のライセンス使用量は、対応する vCloud Suite エディションからライセンスが割り当てられている ESXi ホストに対してのみ反映されます。