インベントリ オブジェクトを選択して、左マウス ボタンを押したままにし、別のオブジェクトにドラッグできます。ドラッグは、コンテキスト メニューで使用できる操作([移動先][移行] など)を開始するための代替方法です。

一部のドラッグ操作は、追加のアクションを実行しなくても完了します。他のドラッグ アンド ドロップ操作では、ウィザードを実行しなければならない場合もあります。

手順

  1. vSphere Web Client インベントリ ツリーまたはリスト ビューで、インベントリ オブジェクト グループを選択します。

    vSphere Web Client インベントリ ツリーまたはリスト ビューからインベントリ ツリーにオブジェクトをドラッグできます。

    リスト ビューには、[インベントリ リスト] と検索結果からアクセスできます。

  2. 移動先オブジェクトにオブジェクトをドラッグします。

    現在ポイントしているオブジェクトにオブジェクトをドラッグできるかどうかに応じてマウス ポインタが変化します。

    表 1. ドラッグ操作を実行できることを示すマウス アイコン

    アイコン

    説明

    オブジェクトをドロップできることを示すポインタ

    ドラッグしているオブジェクトをこのオブジェクトにドロップできます。

    オブジェクトをドロップできないことを示すポインタ

    ドラッグしているオブジェクトをこのオブジェクトにドロップできません。

  3. 移動先オブジェクトにオブジェクトをドロップします。

    [最近のタスク] パネルでタスクが開始します。

  4. (オプション) ウィザードが開いた場合、画面の指示どおりにドラッグ操作を完了します。

タスクの結果

選択した移動先オブジェクトにオブジェクトが移動します。