vSphere コンポーネントにアクセスするには、vSphere Web ClientvSphere Client、VMware Host Client、および vSphere コマンドライン インターフェイスを使用します。

vSphere Client

vSphere 6.5 で導入された HTML5 ベースのクライアントである vSphere Client は、vSphere Web Client と共に vCenter Server に付属します。vSphere Client は、vCenter Server インスタンスに接続して管理するための主要インターフェイスです。

vSphere Web Client

vSphere Web Client は、ご使用の vCenter Server 環境にネットワーク経由でアクセスできるコンピュータにインストールされた Web アプリケーションです。

VMware Host Client

VMware Host Client は、vCenter Server システムに接続されていない、独立した ESXi ホストの管理に使用できる Web ベースのアプリケーションです。

VMware Host Client の詳細については、『vSphere 単一ホスト管理 - VMware Host Client』を参照してください。

vSphere コマンドライン インターフェイス

vSphere は、仮想マシン、ESXi ホスト、および vCenter Server を設定するためのコマンドライン インターフェイスを複数サポートしています。

注:

vSphere 6.5 リリースの vSphere Client には、vSphere Web Client のすべての機能が実装されているわけではありません。サポートされていない機能を記載した最新のリストについては、vSphere Client ガイドの機能の更新 (http://www.vmware.com/info?id=1413) を参照してください。