基本的な仮想マシン管理のワークフローでは、たとえば仮想マシンの作成、名前の変更、削除、仮想ハードウェアのアップグレードなど、仮想マシンに関する基本的な操作を行うことができます。

カスタム仮想マシンの作成

指定した構成オプションと追加デバイスを持つ仮想マシンを作成します。

シンプル dvPortGroup 仮想マシンの作成

シンプルな仮想マシンを作成します。使用ネットワークは分散仮想ポート グループです。

シンプル仮想マシンの作成

最も一般的なデバイスと構成オプションを持つ仮想マシンを作成します。

仮想マシンの削除

インベントリとデータストアから仮想マシンを削除します。

名前による仮想マシンの取得

登録されているすべての vCenter Server インスタンスから指定した表現と一致する仮想マシンを検索し、そのリストを返します。

テンプレートとしてマークを付ける

既存の仮想マシンをテンプレートに変換し、起動させないようにします。テンプレートは、仮想マシンの作成に使用できます。

仮想マシンとしてマークを付ける

既存のテンプレートを仮想マシンに変換し、起動できるようにします。

フォルダへの仮想マシンの移動

指定した仮想マシン フォルダに仮想マシンを移動します。

リソース プールへの仮想マシンの移動

仮想マシンをリソース プールに移動します。ターゲット リソース プールが同じクラスタに存在しない場合は、移行または再配置のワークフローを使用する必要があります。

フォルダへの仮想マシンの移動

指定した仮想マシン フォルダに複数の仮想マシンを移動します。

リソース プールへの仮想マシンの移動

複数の仮想マシンをリソース プールに移動します。

仮想マシンの登録

仮想マシンを登録します。仮想マシン ファイルが既存のデータストアに配置され、まだ登録されていない必要があります。

仮想マシンの再ロード

vCenter Server に仮想マシンを再ロードさせます。

仮想マシン名の変更

データストアではなく、vCenter Server システムまたはホストに存在する仮想マシンの名前を変更します。

仮想マシン パフォーマンスの設定

共有、最小値、最大値、ネットワークのシェーピング、ディスク アクセスなど、仮想マシンのパフォーマンス設定を変更します。

仮想マシンの登録解除

既存の仮想マシンをインベントリから削除します。

仮想マシン ハードウェアのアップグレード (必要に応じて強制)

仮想マシンのハードウェアをホストがサポートする最新版にアップグレードします。このワークフローは、VMware Tools が古くなっている場合でも、強制的にアップグレードを継続します。VMware Tools が古く、アップグレードを強制的に継続した場合、ゲスト ネットワークの設定はデフォルト設定に戻されます。このような事態を回避するには、ワークフローの実行前に VMware Tools をアップグレードします。

仮想マシンのアップグレード

仮想ハードウェアをホストがサポートする最新版にアップグレードします。入力パラメータにより、VMware Tools が古くなっている場合でもアップグレードを強制できます。

タスクと仮想マシンの質問への回答の待機

vCenter Server タスクの完了、または仮想マシンによる質問を待機します。仮想マシンが回答を必要とする場合は、ユーザー入力を受け付け、質問に回答します。