リソース プールのワークフローでは、リソース プールの作成、名前の変更、再構成または削除を行ったり、リソース プール情報を取得したりできます。

リソース プールの作成

デフォルトの CPU とメモリ割り当て値のリソース プールを作成します。クラスタにリソース プールを作成するには、クラスタで VMware DRS が有効化されている必要があります。

指定した値によるリソース プールの作成

指定した CPU とメモリ割り当て値のリソース プールを作成します。クラスタにリソース プールを作成するには、クラスタで VMware DRS が有効化されている必要があります。

リソース プールの削除

リソース プールを削除し、タスクの完了を待機します。

リソース プール情報の取得

指定したリソース プールの CPU とメモリの情報を返します。

リソース プールの再構成

指定したリソース プールの CPU とメモリ割り当ての設定を再構成します。

リソース プール名の変更

リソース プール名を変更し、タスクの完了を待機します。