概要パフォーマンス チャート サービスは、管理対象エンティティについての統計に基づくパフォーマンス データを収集し、vSphere Web Client に提供するイメージ フォーマットのレポートに加工する vCenter Server サービスです。

プロパティ

デフォルト値

説明

log4j.additivity.com.vmware.vim.common

FALSE

"com.vmware.vim.common" モジュールからのログ出力をその親アペンダに移動するかどうかを指定します。

log4j.additivity.com.vmware.vim.srs

FALSE

"com.vmware.vim.srs" モジュールからのログ出力をその親アペンダに移動するかどうかを指定します。

log4j.additivity.com.vmware.vim.stats

FALSE

"com.vmware.vim.stats" モジュールからのログ出力をその親アペンダに移動するかどうかを指定します。

log4j.appender.CONSOLE1

org.apache.log4j.ConsoleAppender

"CONSOLE1" アペンダを定義します。

log4j.appender.CONSOLE1.layout

org.apache.log4j.PatternLayout

"CONSOLE1" アペンダのログ レイアウトのタイプを指定します。

log4j.appender.CONSOLE1.layout.ConversionPattern

%d{yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss.SSSXXX} [%t %x %-5p %c] %m%n

"CONSOLE1" アペンダに送信されるログ メッセージのフォーマットを構成します。

log4j.appender.LOGFILE

com.vmware.log4j.appender.NonAppendingRollingFileAppender

"LOGFILE" アペンダを定義します。

log4j.appender.LOGFILE.Append

"LOGFILE" アペンダ出力ファイルを追加モードまたは切り詰めモードで開くかどうかを指定します。True=追加、False=切り詰め。

log4j.appender.LOGFILE.File

${vim.logdir}/stats.log

"LOGFILE" アペンダ メッセージの出力先となるファイルのパスを構成します。

log4j.appender.LOGFILE.layout

org.apache.log4j.PatternLayout

"LOGFILE" アペンダのログ レイアウトのタイプを指定します。

log4j.appender.LOGFILE.layout.ConversionPattern

%d{yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss.SSSXXX} [%t %x %-5p %c] %m%n

"LOGFILE" アペンダに送信されるログ メッセージのフォーマットを構成します。

log4j.appender.LOGFILE.MaxBackupIndex

10

保持するバックアップ ログ ファイルの最大数を設定します。

log4j.appender.LOGFILE.MaxFileSize

5 MB

ログ ファイルの最大許容サイズを制御します。このサイズを超えるとログ ファイルがバックアップ ファイルにロール オーバーされます。

log4j.logger.com.vmware.vim.common

INFO、LOGFILE

"com.vmware.vim.common" モジュールのログ レベルとアペンダを構成します。

log4j.logger.com.vmware.vim.srs

INFO、LOGFILE

"com.vmware.vim.srs" モジュールのログ レベルとアペンダを構成します。

log4j.logger.com.vmware.vim.stats

INFO、LOGFILE

"com.vmware.vim.stats" モジュールのログ レベルとアペンダを構成します。

log4j.logger.org.apache

WARN

"org.apache" モジュールのログ レベルとアペンダを構成します。

log4j.rootLogger

ERROR、LOGFILE

"log4j.rootLogger" モジュールのログ レベルとアペンダを構成します。