vSphere インベントリから Orchestrator ワークフローを直接オブジェクトで実行することで、vSphere の管理タスクを自動化できます。

前提条件

  • Orchestrator サーバの少なくとも 1 台が、vCenter ServervSphere Web Client の両方がポイントしている同じ Single Sign-On インスタンスと動作するように構成してあることを確認してください。Orchestrator が vCenter Server のエクステンションとして登録されていることも確認する必要があります。vCenter Server のエクステンションを管理するために必要な権限を持つユーザー アカウントを指定するときに Orchestrator を vCenter Server のエクステンションとして登録します。詳細については、『VMware vRealize Orchestrator のインストールと構成』を参照してください。

  • vSphere インベントリ オブジェクトに関連付けられたワークフローがあることを確認します。ワークフローと vSphere インベントリ オブジェクト タイプの関連付けを参照してください。

手順

  1. vCenter をクリックします。
  2. インベントリ リストで、インベントリ カテゴリをクリックします。
  3. ワークフローを実行するオブジェクトを右クリックし、すべての vRealize Orchestrator プラグイン アクション に移動します。

    選択したインベントリ オブジェクトで実行できるすべてのワークフローが一覧表示されます。

  4. 実行するワークフローをクリックします。
    注:

    期待したワークフローが見つからない場合は、所定の vSphere インベントリ オブジェクトにワークフローを関連付ける必要があるかもしれません。

  5. 開始/スケジュール設定 メニュー オプションをクリックします。
  6. (オプション) : 今すぐ実行 を選択して、ワークフローの実行をすぐに開始します。
  7. 必要なワークフロー パラメータを入力します。
  8. (オプション) : スケジュール を選択して、ワークフローが指定の時刻に実行されるように設定します。
    1. タスク名 テキスト ボックスに、スケジュール設定タスクの名前を入力します。
    2. (オプション) : 説明 テキスト ボックスに、スケジュール設定タスクの説明を入力します。
    3. ワークフローを実行する日時を設定します。
    4. 繰り返しオプションを指定します。
  9. 終了 をクリックします。