Storage vMotion による移行を使用し、仮想マシンがパワーオン状態になっている間に、仮想マシンと仮想ディスクの構成ファイルを再配置します。

このタスクについて

仮想マシンのホストは、Storage vMotion での移行中変更することができます。

前提条件

  • システムが Storage vMotion の要件を満たしていることを確認します。Storage vMotion の要件および制限事項 を参照してください。

  • 必要な権限: リソース > パワーオン状態の仮想マシンの移行

手順

  1. 仮想マシンを右クリックして 移行 を選択します。
    1. 仮想マシンを見つけるには、データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホスト、または vApp を選択します。
    2. 仮想マシン タブをクリックします。
  2. ストレージのみ変更します をクリックし、次へ をクリックします。
  3. 仮想マシンのディスク用のフォーマットを選択します。

    オプション

    アクション

    ソースと同じフォーマット

    ソース仮想マシンと同じフォーマットを使用します。

    シック プロビジョニング (Lazy Zeroed)

    仮想ディスクをデフォルトのシック フォーマットで作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。物理デバイスに残っているすべてのデータは作成時には消去されません。代わりに、仮想マシンからの最初の書き込み時に、オンデマンドでゼロアウトされます。

    シック プロビジョニング (Eager Zeroed)

    Fault Tolerance などのクラスタリング機能をサポートする、シック ディスクを作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。シック プロビジョニング (Lazy Zeroed) フォーマットの場合とは異なり、物理デバイスに残っているデータは作成時に消去されます。ほかのタイプのディスクに比べて、このフォーマットでのディスクの作成には時間がかかることがあります。

    シン プロビジョニング

    シン プロビジョニング フォーマットを使用します。最初、シン プロビジョニング ディスクは、そのディスクが初期に必要とする容量のみを使用します。あとでシン ディスクでさらに多くの容量が必要になるときには、それに割り当てられている最大容量まで拡張できます。

  4. 仮想マシン ストレージ ポリシーを 仮想マシン ストレージ ポリシー ドロップダウン メニューから選択します。

    ストレージ ポリシーは、仮想マシン上で実行されるアプリケーションに対するストレージ要件を指定します。vSAN または Virtual Volumes データストアのデフォルト ポリシーを選択することもできます。

  5. 仮想マシン ファイルを保存するデータストアの場所を選択します。

    オプション

    アクション

    すべての仮想マシン ファイルをデータストア上の同じ場所に保存

    データストアを選択して、次へ をクリックします。

    すべての仮想マシン ファイルを同じストレージ DRS クラスタに保存。

    1. ストレージ DRS クラスタを選択します。

    2. この仮想マシンでストレージ DRS を無効にする場合は、この仮想マシンに対してストレージ DRS を無効にする を選択し、ストレージ DRS クラスタ内のデータストアを選択します。

    3. 次へ をクリックします。

    仮想マシン構成ファイルとディスクを別々の場所に保存

    1. 詳細 をクリックします。

    2. 仮想マシン構成ファイルおよび各仮想ディスク用に、参照 を選択し、データストアまたはストレージ DRS クラスタを選択します。

    3. ストレージ DRS クラスタを選択しているが、この仮想マシンではストレージ DRS を使用しない場合は、この仮想マシンに対してストレージ DRS を無効にする を選択し、ストレージ DRS クラスタ内のデータストアを選択します。

    4. 次へ をクリックします。

  6. [選択の確認] ページの情報を見直し、終了 をクリックします。

タスクの結果

vCenter Server が、仮想マシンを新しいストレージの場所に移動します。ターゲット データストア上の移行された仮想マシン ファイルの名前は、仮想マシンのインベントリ名と一致します。

イベント タブには、イベント メッセージが表示されます。サマリ タブには、移行全体を通してステータスと状況を示すデータが表示されます。移行中にエラーが発生した場合、仮想マシンは元の状態および場所に戻されます。