プロビジョニング TCP/IP スタックを使用して、コールド移行、仮想マシンのクローン作成、およびスナップショットのトラフィックを隔離し、このトラフィック専用のデフォルト ゲートウェイ、ルーティング テーブル、および DNS 構成を割り当てます。プロビジョニング TCP/IP スタックを有効化するには、新しい VMkernel アダプタを割り当てます。

このタスクについて

個別の TCP/IP スタックを使用すると、ネットワークのトポロジと組織の必要性に応じて、vMotion とコールド移行のトラフィックを処理できます。

  • デフォルト ゲートウェイを使用して、パワーオン状態またはパワーオフ状態の仮想マシンを移行するためのトラフィックをルーティングします。ゲートウェイは、ホスト上のデフォルト スタックに割り当てられているゲートウェイとは異なる必要があります。

    個別のデフォルト ゲートウェイを使用すると、VMkernel アダプタへの IP アドレス割り当てで DHCP を使用して、柔軟な移行を実現できます。

  • 個別のバッファおよびソケットのセットを割り当てます。

  • ルーティング テーブルの競合を回避します。これは、多くの機能が共通の TCP/IP スタックを使用すると発生する可能性があります。

  • セキュリティを高めるため、トラフィックを隔離します。

前提条件

ホストで ESXi 6.0 以降が実行されていることを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client で、ホストに移動します。
  2. 設定 タブをクリックします。
  3. ネットワーク を選択し、VMkernel アダプタ をクリックします。
  4. ホスト ネットワークの追加 をクリックします。
  5. [接続タイプの選択] ページで、VMkernel ネットワーク アダプタ を選択し、次へ をクリックします。
  6. [ターゲット デバイスの選択] ページで、VMkernel アダプタのスイッチを選択して、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    既存のネットワークの選択

    既存の分散ポート グループの物理アダプタ構成を使用して、VMkernel アダプタのデータを外部ネットワークに送信します。

    既存の標準スイッチの選択

    既存の標準スイッチの VMkernel アダプタで、物理アダプタ構成を使用します。

    新しい vSphere 標準スイッチ

    新しい標準スイッチの VMkernel アダプタに新しい物理アダプタ構成を割り当てます。

  7. [ポートのプロパティ] ページで、TCP/IP スタック ドロップダウン メニューから プロビジョニング を選択します。

    プロビジョニング トラフィックが有効化される唯一のサービスになります。この VMkernel アダプタは、プロビジョニング以外のトラフィック タイプでは使用できません。

  8. VMkernel アダプタのラベル、VLAN ID、および IP モードを設定し、次へ をクリックします。
  9. (オプション) : [IPv4 設定] ページで、IP アドレスを取得する方法を選択します。

    オプション

    説明

    IPv4 設定を自動的に取得します

    DHCP を使用して IP アドレス設定を取得します。ネットワークには、DHCP サーバが存在する必要があります。

    固定 IPv4 設定を使用します

    VMkernel アダプタの IPv4 IP アドレスおよびサブネット マスクを入力します。

    IPv4 での VMkernel デフォルト ゲートウェイおよび DNS サーバのアドレスは、選択した TCP/IP スタックから取得されます。

    VMkernel アダプタに別のゲートウェイを指定する場合は、このアダプタのデフォルト ゲートウェイをオーバーライド チェック ボックスを選択し、ゲートウェイ アドレスを入力します。

  10. (オプション) : [IPv6 設定] ページで、IPv6 アドレスを取得する方法を選択します。

    オプション

    説明

    DHCP を使用して IPv6 アドレスを自動的に取得

    DHCP を使用して IPv6 アドレスを取得します。ネットワークには、DHCPv6 サーバが存在する必要があります。

    ルーターの通知を使用して IPv6 アドレスを自動的に取得

    ルーターの通知を使用して IPv6 アドレスを取得します。

    ESXi 6.5 以降では、ルーターの通知はデフォルトで有効になり、RFC 4861 に従って M フラグと O フラグがサポートされます。

    固定 IPv6 アドレス

    1. IPv6 アドレスの追加 をクリックして新しい IPv6 アドレスを追加します。

    2. IPv6 アドレスとサブネット プリフィックス長を入力し、OK をクリックします。

    3. VMkernel デフォルト ゲートウェイを変更する場合は、このアダプタのデフォルト ゲートウェイをオーバーライド をクリックします。

    IPv6 の VMkernel デフォルト ゲートウェイ アドレスは、選択した TCP/IP スタックから取得されます。

  11. [設定の確認] ページで設定の選択を確認し、終了 をクリックします。

タスクの結果

プロビジョニング TCP/IP スタック上に VMkernel アダプタを作成すると、このホスト上のコールド移行、クローン作成、およびスナップショットで、このスタックのみを使用できます。デフォルトの TCP/IP スタック上の VMkernel アダプタは、プロビジョニング サービスで無効になります。プロビジョニング TCP/IP スタックを使用して VMkernel アダプタを構成している場合に、ライブ移行でデフォルトの TCP/IP スタックが使用されると、データ転送は正常に終了します。ただし、デフォルトの TCP/IP スタック上の関連する VMkernel アダプタは、今後のコールド移行、クロス ホスト クローン作成、およびスナップショットのセッションで無効になります。