vCenter Server のプラグインは、より多くの機能を提供して vCenter Server の機能を拡張します。

一部のプラグインは、vCenter Server 基本製品の一部としてインストールされます。

vCenter ストレージの監視

ストレージ使用率に関する情報を確認でき、vCenter Server で使用可能なすべてのストレージ エンティティ間の関係を視覚的にマッピングできます。

vCenter ハードウェア ステータス

vCenter Server が管理するホストのハードウェア ステータスを、CIM 監視を使用して表示します。

vCenter サービス ステータス

vCenter サービスのステータスを表示します。

一部のプラグインは基本製品とは別のパッケージになっていて、別途インストールが必要です。プラグインと基本製品は、個別に更新できます。VMware のモジュールには、次のものがあります。

vSphere Update Manager (VUM)

システム管理者は、ESXi ホストおよびすべての管理対象仮想マシンにアップデートやパッチを適用できます。管理者は、一連のセキュリティ標準を示すセキュリティのベースラインをユーザー定義できます。セキュリティ管理者は、ホストと仮想マシンをこのようなベースラインと比較し、準拠していないシステムを確認および修正できます。

vShield Zones

vCenter Server の統合のために構築された、アプリケーション対応のファイアウォール。vShield Zones は、クライアントとサーバ間の通信および仮想マシン間の通信を検査して、詳細なトラフィック分析と、アプリケーションに対応したファイアウォール パーティショニングを提供します。vShield Zones は、ネットワーク ベースの攻撃と不正使用から仮想化データセンターを保護するために不可欠なセキュリティ コンポーネントです。

vRealize Orchestrator

vSphere 環境内で自動ワークフローを作成し、実行することができるワークフロー エンジンです。vRealize Orchestrator は、オープンなプラグイン アーキテクチャを通じて、複数の VMware 製品とサードパーティの管理ソリューションにわたってワークフロー タスクを調整します。vRealize Orchestrator は、拡張可能なワークフローのライブラリを備えています。vCenter Server API で利用できるすべての処理は、vRealize Orchestrator ワークフローをカスタマイズするために使用できます。