仮想マシンの作成時に、暗号化された vMotion を有効にすることができます。後で、暗号化された vMotion の状態を仮想マシンの設定から変更することができます。暗号化された vMotion の状態を変更できるのは、暗号化されていない仮想マシンに対してのみです。

このタスクについて

仮想マシンの暗号化の詳細については、暗号化された vSphere vMotionを参照してください。

前提条件

暗号化された vMotion は vSphere 6.5 以降でのみサポートされます。

手順

  1. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 仮想マシン オプション を選択します。
  3. 暗号化 をクリックし、暗号化された VMotion ドロップダウン メニューからオプションを選択します。

    無効

    暗号化された vMotion は使用しません。

    任意

    暗号化された vMotion は、ソースとターゲットの両方のホストでサポートされる場合に使用します。バージョン 6.5 以降の ESXi ホストのみが暗号化された vMotion を使用します。

    必須

    暗号化された vMotion のみを許可します。ソースのホストまたはターゲットのホストで vMotion の暗号化がサポートされない場合は、vMotion による移行は失敗します。