Message Bus Configuration、ESXi Dump Collector、および Auto Deploy サービスは、vCenter Server Appliance の任意のサービスで、デフォルトでは実行されません。vCenter Server Appliance のこれらのサービスの起動設定は編集することができます。

前提条件

vCenter Server AppliancevCenter Server インスタンスにログインしているユーザーが、vCenter Single Sign-On の SystemConfiguration.Administrators グループのメンバーであることを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client を使用して、vCenter Server AppliancevCenter Server インスタンスに administrator@your_domain_name としてログインします。

    アドレスのタイプは、http://appliance-IP-address-or-FQDN/vsphere-client です。

  2. vSphere Web Client のメイン ページで、ホーム アイコンの上にマウス ポインタを置き、ホーム をクリックし、システム設定 を選択します。
  3. [システム構成] で、ノード をクリックし、リストからノードを選択します。
  4. 関連オブジェクト タブをクリックします。

    選択したノードで実行されているサービスのリストが表示されます。

  5. Auto DeployESXi Dump Collector、または Message Bus Configuration などのサービスを右クリックし、起動タイプの編集 を選択します。
  6. サービスの開始方法を選択します。

    オプション

    説明

    自動

    オペレーティング システムの起動時にサービスが自動的に起動します。

    手動

    オペレーティング システムの起動後に、サービスを手動で開始します。

    無効

    サービスは無効になっています。

  7. OK をクリックします。