ポーリングを行うように vCenter Server Appliance SNMP エージェントを構成すると、SNMP 管理クライアント システムからの要求(GETGETNEXTGETBULK など)を待機し、応答できるようになります。

このタスクについて

デフォルトで、組み込み SNMP エージェントは、UDP ポート 161 で管理システムからのポーリング要求を待機します。snmp.set --port コマンドを使用して、代替ポートを構成できます。SNMP エージェント用のポートと他のサービスのポート間で競合が発生しないように、/etc/services に定義されていない UDP ポートを使用してください。

手順

  1. アプライアンス シェルにアクセスして、管理者ロールまたはスーパー管理者ロールを持つユーザーとしてログインします。

    スーパー管理者ロールが割り当てられているデフォルトのユーザーは root です。

  2. snmp.set --port コマンドを実行してポートを構成します。

    たとえば、次のコマンドを実行します。

    snmp.set --port port

    ここで、port は、SNMP エージェントがポーリング要求を待機するために使用するポートです。

    重要:

    ここに、他のサービスによってすでに使用されているポートを指定してはなりません。動的範囲(49152 番以上のポート)の IP アドレスを使用してください。

  3. (オプション) : SNMP エージェントが有効になっていない場合は、snmp.enable コマンドを実行して有効にします。