vCenter Server Appliance に対して、固定 IPv4/IPv6 アドレスの割り当て、DNS 設定の編集、プロキシ設定の定義などを行うことができます。

前提条件

  • アプライアンスの IP アドレスを変更する場合は、アプライアンスのシステム名が完全修飾ドメイン名 (FQDN) であることを確認します。アプライアンスのデプロイ中にシステム名として IP アドレスを設定すると、システム名がプライマリ ネットワークの識別子として使用されるので、デプロイ後に IP アドレスを変更できなくなります。

    注:

    プライマリ ネットワークの識別子を vCenter Server Appliance のデプロイ後に変更することはできません。

  • root として vCenter Server Appliance 管理インターフェイスにログインします。

手順

  1. vCenter Server Appliance 管理インターフェイスで、ネットワーク をクリックし、管理 をクリックします。
  2. [ホスト名]、[ネーム サーバ]、および [ゲートウェイ] ペインで、編集 をクリックします。
  3. [ネーム サーバ] セクションで、DNS 設定を構成します。

    オプション

    説明

    DNS 設定の自動取得

    ネットワークから DNS 設定を自動的に取得します。

    設定を手動で入力してください

    DNS アドレス設定を手動で設定できます。このオプションを選択する場合は、次の情報を指定する必要があります。

    • 優先 DNS サーバの IP アドレス。

    • 代替 DNS サーバの IP アドレス。

  4. [デフォルト ゲートウェイ] セクションに IPv4 または IPv6 のゲートウェイ アドレスを入力します。
  5. [ネットワーク インターフェイス] ペインで、編集 をクリックします。
  6. ネットワーク インターフェイス名を展開して、IP アドレス設定を編集します。
  7. IPv4 アドレス設定を編集します。

    オプション

    説明

    IPv4 設定を無効にする

    IPv4 アドレスを無効にします。アプライアンスでは、IPv6 アドレスのみが使用されます。

    IPv4 設定を自動的に取得します

    ネットワークからアプライアンスの IPv4 アドレスを自動的に取得します。

    次の IPv4 設定を使用

    手動で設定した IPv4 アドレスを使用します。IP アドレス、サブネット プリフィックス長、およびデフォルト ゲートウェイを入力する必要があります。

  8. IPv6 設定を編集します。

    オプション

    説明

    DHCP を使用して IPv6 設定を自動的に取得

    DHCP を使用することで、ネットワークからアプライアンスに IPv6 アドレスを自動的に割り当てます。

    ルーターのアドバタイズを使用して IPv6 設定を自動的に取得

    ルーターのアドバタイズを使用することにより、ネットワークから自動的にアプライアンスに IPv6 アドレスを割り当てます。

    固定 IPv6 アドレス

    手動で設定した固定 IPv6 アドレスを使用します。

    1. 追加アイコンをクリックします。

    2. IPv6 アドレスとサブネット プリフィックス長を入力します。

    3. OK をクリックします。

    4. (オプション)デフォルト ゲートウェイを編集します。

    アプライアンスは、DHCP およびルーターのアドバタイズの両方を使用して IPv6 設定を自動的に取得するように設定できます。同時に、固定 IPv6 アドレスを割り当てることも可能です。

  9. プロキシ サーバを構成するには、[プロキシ設定] ペインで 編集 をクリックします。
  10. プロキシ サーバを使用する を選択し、プロキシ サーバ設定を入力し、OK をクリックします。