SNMP エージェントによる SNMP v3 トラップの送信が許可されるように SNMP v3 ターゲットを構成します。

このタスクについて

最大 3 つの SNMP v1 または v2c ターゲットに加えて、SNMP v3 ターゲットを 3 つまで構成できます。

ターゲットを構成するには、トラップを受信するシステムのホスト名または IP アドレス、ユーザー名、セキュリティ レベル、およびトラップを送信するかどうかを指定する必要があります。セキュリティ レベルには、none (セキュリティなし)、auth (認証のみ)、または priv (認証とプライバシー)を指定できます。

手順

  1. アプライアンス シェルにアクセスして、管理者ロールまたはスーパー管理者ロールを持つユーザーとしてログインします。

    スーパー管理者ロールが割り当てられているデフォルトのユーザーは root です。

  2. snmp.set --v3targets コマンドを実行して、SNMP v3 ターゲットを設定します。

    たとえば、次のコマンドを実行します。

    snmp.set --v3targets hostname@port/userid/secLevel/trap

    コマンドのパラメータは次のとおりです。

    パラメータ

    説明

    hostname

    トラップを受信する管理システムのホスト名または IP アドレスで置き換えます。

    port

    トラップを受信する管理システムのポートで置き換えます。ポートを指定しない場合、デフォルトのポート 161 が使用されます。

    userid

    ユーザー名で置き換えます。

    secLevel

    noneauthpriv のいずれかで置き換えて、構成した認証とプライバシーのレベルを示します。認証のみを構成した場合は auth、認証とプライバシーの両方を構成した場合は priv、どちらも構成していない場合は none を使用します。

  3. (オプション) : SNMP エージェントが有効になっていない場合は、snmp.enable コマンドを実行して有効にします。
  4. (オプション) : snmp.test コマンドを実行し、テスト トラップを送信してエージェントが正しく構成されていることを確認します。

    エージェントは、構成されたターゲットに warmStart トラップを送信します。