デプロイされたテンプレートのファイルを保存する場所を選択します。

このタスクについて

手順

  1. 仮想マシンの仮想ディスクを格納するディスク フォーマットを選択します。

    フォーマット

    説明

    シック プロビジョニング (Lazy Zeroed)

    仮想ディスクをデフォルトのシック フォーマットで作成します。仮想ディスクに必要な容量は、仮想ディスクの作成時に割り当てられます。物理デバイスに残っているデータは、作成中には消去されませんが、後で仮想マシンへ初めて書き込みを行うときに必要に応じてゼロアウトされます。

    シック プロビジョニング (Eager Zeroed)

    Fault Tolerance などのクラスタリング機能をサポートする、シック仮想ディスクのタイプ。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。フラット フォーマットの場合とは異なり、物理デバイスに残っているデータは、仮想ディスクの作成時にゼロアウトされます。ほかのタイプのディスクに比べ、このフォーマットでのディスクの作成には非常に長い時間がかかることがあります。

    シン プロビジョニング

    このフォーマットを使用してストレージ容量を節約します。シン ディスクの場合、入力したディスク サイズの値に応じて、ディスクに必要な容量と同じデータストア容量をプロビジョニングします。ただし、シン ディスクは最初は小さく、初期処理に必要なデータストア容量のみを使用します。

  2. (オプション) : 仮想マシン ストレージ ポリシーを選択します。

    このオプションは、ターゲット リソースでストレージ ポリシーが有効になっている場合にのみ使用できます。

  3. (オプション) : Storage DRS クラスタのデータストアを表示 チェック ボックスを有効にして、仮想マシンの初期配置用に、Storage DRS クラスタから個別のデータストアを選択します。
  4. デプロイされた OVF または OVA テンプレートを保存するデータストアを選択します。

    構成ファイルと仮想ディスク ファイルがデータストアに格納されます。仮想マシンまたは vApp とすべての関連仮想ディスク ファイルを保存できる十分な容量を持つデータストアを選択します。

  5. 次へ をクリックします。