仮想ディスクが、シック フォーマットかシン フォーマットかを特定できます。

このタスクについて

シン プロビジョニング ディスクがある場合は、フラット事前初期化 のディスク プロビジョニングを選択することで、これらをシック プロビジョニング ディスクに変更できます。シック プロビジョニング ディスクからシン プロビジョニング ディスクへの変更は、領域をオン デマンドで割り当て、コミット を選択して行います。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 仮想ハードウェア タブで、ハード ディスク を展開します。

    ディスクのタイプが ディスク プロビジョニング フィールドに表示されます。

  3. OK をクリックします。

次のタスク

仮想ディスクがシン フォーマットの場合は、vSphere Web Client を使用してこれをフル サイズまで拡張できます。