デフォルトでは、仮想マシンがオンになっているときにはその仮想マシンに CPU リソースを追加することはできません。CPU ホットプラグ オプションでは、稼働中の仮想マシンに CPU リソースを追加できます。

このタスクについて

次の条件が適用されます。

  • 最善の結果を得るには、ESXi 5.0 以降と互換性のある仮想マシンを使用してください。

  • マルチコア仮想 CPU のホット アドは、ESXi 5.0 以降と互換性のある仮想マシンのみでサポートされます。

  • すべてのゲスト OS で CPU のホット アドがサポートされているわけではありません。ゲスト OS がサポートされていない場合、これらの設定は無効にできます。

  • ESXi 4.x 以降と互換性のある仮想マシンで CPU のホット プラグ機能を使用するには、ソケットあたりのコアの数 を 1 に設定します。

  • CPU ホット プラグが有効となっている、稼動中の仮想マシンに CPU リソースを追加すると、その仮想マシンに接続されたすべての USB パススルー デバイスが切断されてから再接続されます。

前提条件

必要な権限:仮想マシン > 構成 > 設定

仮想マシンが稼働中であり、次のように構成されていることを確認します。

  • VMware Tools の最新バージョンがインストールされている。

  • CPU ホット プラグをサポートするゲスト OS。

  • 仮想マシンの互換性が ESX/ESXi 4.x 以降である。

  • 仮想マシンがパワーオフの状態である。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 仮想ハードウェア タブで、CPU を展開し、CPU ホット アドの有効化 を選択します。
  3. OK をクリックします。

タスクの結果

これで、仮想マシンがパワーオンの状態のときにも CPU を追加できます。