vApp では、リソース管理と他の特定の管理アクティビティ(複数の仮想マシンの同時電源操作など)を実行できます。vApp を仮想マシンのコンテナと見なし、そのコンテナに対して操作を実行することができます。

このタスクについて

vApp を作成する際には、フォルダ、スタンドアロン ホスト、リソース プール、DRS が有効なクラスタ、ほかの vApp に vApp を追加できます。

前提条件

データセンターで次のオブジェクトのいずれかが使用できることを確認します。

  • ESX 4.0 以降を実行するスタンドアロン ホスト

  • DRS が有効なクラスタ

手順

  1. vApp の作成をサポートしているオブジェクトに移動して、[新規 vApp の作成] アイコン([新規 vApp の作成] アイコン)を選択します。
  2. 新規 vApp を作成します を選択し、次へ をクリックします。
  3. vApp 名 テキスト ボックスに、vApp の名前を入力します。
  4. 場所またはリソースを選択し、次へ をクリックします。
    • フォルダあるいは vApp からアクションを開始する場合は、ホスト、クラスタ、またはリソース プールを入力するように求められます。

    • リソース プール、ホスト、あるいはクラスタからアクションを開始する場合は、フォルダまたはデータセンターを入力するように求められます。

  5. [デプロイ] セクションで、[CPU リソース] をクリックして CPU リソースをこの vApp に割り当てます。

    オプション

    説明

    シェア

    親の合計リソースに対するこの vApp の CPU シェア。兄弟 vApp は、予約と制限の範囲内で、相対的なシェア値に従ってリソースを共有します。標準、または を選択します。これらの値はそれぞれ 1:2:4 の割合でシェア値を指定します。各 vApp に対して、比重に見合う特定のシェア値を指定するには、カスタム を選択します。

    予約

    この vApp で確保されている CPU の割り当て。

    予約タイプ

    予約を拡張可能にする場合は、拡張可能 チェック ボックスを選択します。vApp をパワーオンすると仮想マシンの予約の合計が vApp の予約よりも大きくなる場合、vApp は親または先祖のリソースを使用できます。

    制限

    この vApp に割り当てる CPU の上限。上限を指定しない場合は、制限なし を選択します。

  6. [デプロイ] セクションで、[メモリ リソース] をクリックしてメモリ リソースをこの vApp に割り当てます。

    オプション

    説明

    シェア

    親の合計リソースに対するこの vApp のメモリ シェア。兄弟 vApp は、予約と制限の範囲内で、相対的なシェア値に従ってリソースを共有します。標準、または を選択します。これらの値はそれぞれ 1:2:4 の割合でシェア値を指定します。各 vApp に対して、比重に見合う特定のシェア値を指定するには、カスタム を選択します。

    予約

    この vApp で確保されているメモリの割り当て。

    予約タイプ

    予約を拡張可能にする場合は、拡張可能 チェック ボックスを選択します。vApp をパワーオンすると仮想マシンの予約の合計が vApp の予約よりも大きくなる場合、vApp は親または先祖のリソースを使用できます。

    制限

    この vApp に割り当てるメモリの上限。上限を指定しない場合は、制限なし を選択します。

  7. 次へ をクリックします。
  8. vApp の設定を確認して、終了 をクリックします。