仮想マシンで vApp オプションを構成できます。これらのオプションは、仮想マシンを OVF テンプレートとしてエクスポートするときに保存され、OVF をデプロイするときに使用されます。

このタスクについて

vApp オプションを有効にして仮想マシンを OVF にエクスポートすると、その仮想マシンは起動時に OVF 環境の XML 記述子を受け取ります。OVF 記述子には、ネットワーク構成および IP アドレスなどのカスタム プロパティ値が含まれていることがあります。

OVF 環境は、次に示す 2 つの方法でゲストに転送できます。

  • XML ドキュメントを含む CD-ROM を使用した例。この CD-ROM は CD-ROM ドライブにマウントされます。

  • VMware Tools を使用した例。ゲスト OS 環境変数 guestinfo.ovfEnv には、XML ドキュメントが含まれます。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. [vApp オプション] タブをクリックします。
  3. vApp オプションの有効化 を選択します。
  4. OK をクリックします。