仮想マシン設定のゲスト OS のタイプを変更するときには、仮想マシンの構成ファイル内のそのゲスト OS の設定を変更します。ゲスト OS 自体を変更するには、仮想マシンに新しいオペレーティング システムをインストールする必要があります。

このタスクについて

たとえば、仮想マシンにインストールされたゲスト OS をアップグレードした場合、ゲスト OS を変更している可能性があります。

新しい仮想マシンのゲスト OS のタイプを設定する場合、vCenter Server ではそのゲスト OS のタイプに基づいて構成のデフォルトが選択されます。仮想マシンが作成されたあとでゲスト OS のタイプを変更しても、さかのぼってそれらの設定が変更されることはありません。これは、変更後に提供される推奨および設定範囲に影響します。

前提条件

仮想マシンをパワーオフします。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 仮想マシン オプション タブをクリックし、一般オプション を展開します。
  3. ゲスト OS ドロップダウン メニューから、ゲスト OS ファミリを選択します。
  4. ゲスト OS のバージョンを選択します。
  5. その他 をゲスト OS ファミリとして選択し、バージョンで その他 (32-bit) または その他 (64-bit) を選択した場合は、そのオペレーティング システムの名前をテキスト ボックスに入力します。
  6. OK をクリックします。